1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 松華堂

デザイン会社概要

所在地 愛知県名古屋市東区東大曽根町35-10 リブイン徳川苑1F [地図]
代表者 信岡徹也
担当者 信岡徹也
設立 2004年9月17日
業種・業態 デザイン・設計・施工・ロゴ制作・グラフィックデザイン・WEB制作・サイン製作
坪単価 3万円-10万円
デザイン・設計・監理
スタッフ数 20人
建築 建築設計可能
資格・許認可 ・建設業許可番号 一般建設業愛知県知事 許可(般-29)第68521号
・古物商許可番号 愛知県公安員会 第542771702000号
・愛知県屋外広告登録 愛知県知事(登録-30)第1506号
・名古屋市屋外広告登録 名古屋市(登30-0)第1227号
・甲種防火管理修了番号 第2905169号

社内風景

事務所併設カフェで打ち合わせ

その他の写真

フードコーディネーターがメニュー開発までサポートします。

概要

店舗名 [松華堂]

(ショウカドウ)

  • 愛知県半田市
  • 名鉄知多半田駅
  • 和菓子カフェ
  • 10 坪
  • スケルトン
松華堂 和菓子カフェの内装・外観画像 松華堂 松華堂 松華堂 松華堂 松華堂 松華堂 松華堂 松華堂

店内は商業施設内にありながらも茶室のような心地の良い静の空気が流れ、和菓子をゆっくり楽しめる空間になるようにデザインしています。

お客様の目線は全方向、壁でふさがず、抜けるように、店内の面積は小さいですが圧迫感がないようにしました。

地元で有名な老舗である本店で保存されていた木型をディスプレイとして利用し、歴史を感じれるようにしました。

カウンターコーナ―を曲線にする事で、柔らかく居心地の良い雰囲気を演出しました。

窓面のミラー効果、視線が全方向抜け、天井高を最大限とりテーブルによる圧迫感や狭さを感じさせないようデザインしました。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

老舗和菓子屋がフレンチの要素を取り入れて新たに取り組む意欲的な和菓子カフェです。店内は商業施設内にありながらも茶室のような心地の良い静の空気が流れ、和菓子をゆっくり楽しめる空間になるようにデザインしています。従来の和皿ではなく、洋皿での提供に対応した一般的な和菓子店と比較してサイズの大きいテーブルが必要だったので、窓面のミラー効果、視線が全方向抜け、天井高を最大限とりテーブルによる圧迫感や狭さを感じさせないよう設計しています。また地元で有名な老舗である本店で保存されていた木型をディスプレイとして利用し、歴史を感じれるようにしました。全席から見える壁面にはブランドカラーとして選定した「翡翠色」を敷き、店名看板と合わせる事で、既存店舗にはないフレンチの要素を取り入れて進化していく和菓子屋を印象づけています。

デザイン担当

白川薫

shirakawakaoru

デザイナー

白川薫の写真

この事例の
イメージキーワード