1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. こじか漢方薬局 漢方サロンCojica

SP!CE_design : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

社名 SP!CE_design
所在地 大阪府河内長野市あかしあ台2-5-9 [地図]
代表者 田原トモヒロ
担当者 田原トモヒロ
設立 2001年
業種・業態 デザイン・設計・ブランディングデザイン
坪単価 3万円-10万円
条件によって異なります。ご相談下さい
スタッフ数 2人
建築 建築設計可能

過去事例

そこに空間があれば必要とするカタチが存在します。
共に創り上げていきたいと願います。

93日本ディスプレイデザイン賞 通商産業大臣賞
94.95.03.04日本ディスプレイデザイン賞
03JCDデザイン賞 奨励賞 
04日経コンサルティングリサーチ 他

TVCOOP(音響スタジオ)
蕎麦伊呂波(そば)
ROTUSFOOD (そうざい)
MARVELOUSCREAM (スイーツ、ジェラート)
堀江動物医療センター(動物病院)
ブゥランジェリィ・アペ(パン)

概要

店舗名 [こじか漢方薬局 漢方サロンCojica]

(コジカカンポウヤッキョク)

こじか漢方薬局 漢方サロンCojicaのHPへ

  • 奈良県奈良県奈良市法蓮町421-4
  • 近鉄奈良線 新大宮駅
  • 漢方専門薬局
  • 30 坪
  • スケルトン
こじか漢方薬局 漢方サロンCojica 漢方専門薬局の内装・外観画像 こじか漢方薬局 漢方サロンCojica こじか漢方薬局 漢方サロンCojica こじか漢方薬局 漢方サロンCojica こじか漢方薬局 漢方サロンCojica こじか漢方薬局 漢方サロンCojica こじか漢方薬局 漢方サロンCojica こじか漢方薬局 漢方サロンCojica こじか漢方薬局 漢方サロンCojica

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

こじか漢方薬局-漢方サロンCojica 調剤薬局

「患者さんとの会話から生まれる、処方箋」

長年生駒でこじか薬局生駒南田原店としては
地域に根ざした薬局屋さんとして親しまれてきました。

今まで西洋医学を学んで来られ、西洋医学では解決できない一人ひとり違った
患者さんの病への悩みをどうしたら解決できるかと日々向き合っていた所、
東洋医学に出会い漢方の持つ力に魅了され「漢方」を処方することで解決が
できるのではないかと思い患者さん一人一人の持つ悩みに耳を傾け、
患者さんの病を解決出来る場として漢方薬局という従来の形にこだわらず
漢方サロンとして計画が始まりました。

「漢方」と聞くと敷居が高い、なんか胡散臭いなどのイメージがつきまとい
その根底にある部分をデザインで解決できないかとご相談を頂きました。
ご来店されるお客様の気持ちの敷居を低くし、会話をしやすい空間を整えてはと思いカフェ空間のデザインを環境を整えることを考えました。
「患者さんとの会話から生まれる、処方箋」で人の心に寄り添う優しいデザインができたと思います。

デザイン担当

田原トモヒロ

tomohiro tahara

デザイナー

田原トモヒロの写真

この事例の
イメージキーワード