1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 杏庵 (東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [杏庵 (東京)]

東京都千代田区神田駿河台 / お茶の水 / 魚料理居酒屋 / 49 坪
兼城 祐作
杏庵 (東京) 杏庵 (東京) 杏庵 (東京) 杏庵 (東京) 杏庵 (東京) 杏庵 (東京) 杏庵 (東京) 杏庵 (東京) 杏庵 (東京)

店内メインカウンター上部に鯨のオブジェ照明が飛び、お客さんを出迎えます。奥壁には、蛸のオブジェ照明が浮遊してます。

カウンター向かいの団体用席は雲丹をモチーフにしたパーテーションで仕切られ、使い勝手によって真ん中のパーテーションの殻(蓋)が開きます。

小上がり席。落ち着いた重厚感のある空間です。部屋名に因んだ草花を描いた行灯照明が安らぎを与えます。

エントランス横坪庭。海に見立てた白砂に波紋をつくり、魚のオブジェ照明が勢いよく飛び跳ねています。

ポップなディテールの魚の行灯オブジェは店内に賑わいを持たせます。

階段の吹き抜け空間を利用して天井より、流動的に照明配置をすることで空間に連続性を持たせます。

エントランスは隠れ家的要素を含ませた意匠にする事で、ゲストの期待と高揚を誘います。

弧を描く階段は流線的なイメージを主張し、店内に至る所まで自然な流れを生み出します。

迫力の鯨型の行灯オブジェはインパクトを持たせる事によって、ゲストの印象に深く残ります。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

魚メインのお店の為、その業態をストレートにカタチに表わしアピールしています。
カウンターやテーブルは無垢板を使用し、テーブルの中に小さな坪庭をつくり、ガラスで封じ込め安らぎを与えてます。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この作品の
イメージキーワード