1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. CHINA YUM (東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [CHINA YUM (東京)]

東京都港区新橋 / 新橋 / 中華ダイニング / 50 坪
兼城 祐作 佐藤弘美
CHINA YUM  (東京) CHINA YUM  (東京) CHINA YUM  (東京) CHINA YUM  (東京) CHINA YUM  (東京) CHINA YUM  (東京) CHINA YUM  (東京) CHINA YUM  (東京) CHINA YUM  (東京)

店内カウンター通路全景。カウンターは龍を模倣した形状となっています。

ファサード全景。龍をモチーフにしたファサードオブジェがビル壁面に這っています。業態認知をインパクトを兼ねたファサードは集客効果を促します。

洞穴に点在する茸をイメージしたブース席。象徴的なオブジェが空間全体のデザインを引き締める役割を果たしています。

店内奥に位置する席。裏側に位置するこの空間は、より退廃的な臭いのする空間となっています。

妖艶な雰囲気の漂う店内空間は大人のムーディな空間を演出します。

スポットライトに照らされる竜のオブジェは存在感を主張し、空間のアクセントとしても効果を発揮します。

スタイリッシュなアプローチは店内空間の仕上げとのギャップを持たせ、
ゲストに印象づけます。

有機的な造形壁面は空間にユーモアと躍動感を与えます。

深紅のレッドカラーが空間に彩りと主張性を持たせます。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

龍の棲む洞穴をイメージしてデザインしています。退廃的な雰囲気をかもし出し、非日常的な空間を意図した空間です。メリハリのある照明効果も雰囲気を助長させる要因になっています。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

デザイン担当

佐藤弘美

HIROMI SATO

デザイナー

佐藤弘美の写真

この作品の
イメージキーワード