1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 福よせ (東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [福よせ (東京)]

東京都千代田区神田駿河台 / お茶の水 / 和食創作ダイニング / 47 坪
兼城 祐作 佐藤弘美
福よせ (東京) 福よせ (東京) 福よせ (東京) 福よせ (東京) 福よせ (東京) 福よせ (東京) 福よせ (東京) 福よせ (東京) 福よせ (東京)

入口からカウンター席方向です。焼き場を中心に意匠を兼ねたパーテーションが集中しており、2段カウンターにはボトルの底面を埋め込んだ部分に照明を仕込み、間接的な光が漏れる様になっています。

建物全面方向のテーブル席です。奥のステンドグラスは既存をそのまま生かした形で店内デザインに組み込みました。

大人数対応のテーブル席です。アール壁を背負って、テーブルの形もリーフ型になっています。

カウンター全景です。要所にステンドグラスを用い間接的に光る様になっています。バックバーはボトル棚自体が間接照明の効果があり、壁面の素材が照らし出される様になっています。

彩り豊かなボトルが空間を色彩豊かに演出します。

暖色で統一された空間は自然と落ち着ける店内に仕上げます。

縞鋼板の扉は無機質でスタイリッシュなイメージを与えます。

暗い空間にストライプ生地のハイバックチェアが色映えします。

有機質と無機質の混ざり合った空間は創造的な店内を演出し、ゲストの期待と高揚を高めます。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

全体的に暗めの照明計画になっていますが、仕切りの壁内に照明を仕込んでいる為、埋め込んだビー玉やステンドグラスが間接的に光り店内に彩りを加えています。既存のステンドグラスの形を生かしながらアンティークなデザインと新しい形が融合した店になっています。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

デザイン担当

佐藤弘美

HIROMI SATO

デザイナー

佐藤弘美の写真

この作品の
イメージキーワード