1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 嘉多蔵(東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [嘉多蔵(東京)]

東京都新宿区 / 市ヶ谷 / 焼酎居酒屋 / 45 坪
兼城 祐作
嘉多蔵(東京) 嘉多蔵(東京) 嘉多蔵(東京) 嘉多蔵(東京) 嘉多蔵(東京) 嘉多蔵(東京) 嘉多蔵(東京) 嘉多蔵(東京) 嘉多蔵(東京)

店内から入口方向を望む。通路パーテーションに蔵戸を用いてます。竃は瓢箪型で煮込み鍋や焼酎を置き、食のイメージを強くアピールします。

ファサード景。壁から突出したボックスのようなカタチをした入口は古材と蔵戸の組合せです。手前に坪庭のように玉石と飛び石を敷いた事によりこの入口がより強調されます。

カウンター席とブース席。ブースのパーテーションも古い建具を使用し店内の統一感を図ります。

小上がり席。椅子席とは打って変わって白木を用いメリハリを利かせてます。壁も墨模様の和紙を貼り柔らかな印象を与えます。

無垢材のカウンタートップは自然の暖かみとダイナミックなイメージを強調します。

自然素材をあしらった店内空間は落ち着きと和らぎを演出します。

床面は黒基調にする事で空間に引き締まりを持たせます。

ボトル棚には間接照明を仕込む事でボトルも店内も同時に明るく演出します。

羽目板で構成された天井は自然素材の暖かみを感じられる空間となっています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

古材と新材を使い分け、空間造りをした店です。古材との相性の良さと店名に因んで蔵戸もふんだんに使用し、機能としてとディスプレイとしての両面で使いました。焼酎をウリにということで全体に男性的なデザインを意識して構築した店です。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この作品の
イメージキーワード