1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. Lee Rong (東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン事例詳細

クリップとは
デザイン会社アクセスランキング6位 デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
スタッフ数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [Lee Rong (東京)]

  • 東京都江東区亀戸
  • 亀戸
  • 中華旬酒房
  • 70 坪
  • リフォーム改装
Lee Rong (東京) 中華旬酒房の内装・外観画像 Lee Rong (東京) Lee Rong (東京) Lee Rong (東京) Lee Rong (東京) Lee Rong (東京) Lee Rong (東京) Lee Rong (東京) Lee Rong (東京)

店内には竹が乱立され、竹林のような空間演出と視覚的なパーテーションの役割も兼ねています。

店内中央のギザギザのパーテーションは、屏風をイメージしてデザインされており、背もたれとモニュメントとしての効果を兼ねています。

天井には蒸籠を吊り空間にインパクトを与えています。

この建築的なブースは人体寸法を計算され無駄のない構造体で造られています。下部三卓、上部ニ卓の席が全て一体で造られています

小上がり部分は灯籠や間接照明を配置し、空間を軽く見せ、尚かつ足下にも配慮しました。

茶色を基調にした空間は落ち着きとまとまりのある空間に仕上がりました。

有機的な内装空間はエンターテイメント性を持たせゲストの期待と高揚を高めます。

竹やぶの中の隠れ家の様な店内空間。食事を取りながら視覚的にも楽しめる空間に。

流動的な区画のパーテーションは空間に躍動感をもたらします。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

無数の蒸籠と無数の竹、レンガや中国パネルを巧みに使い分けることで、業態に合わせた空間デザインとなっています。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この事例の
イメージキーワード