1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 立ち呑み ぴん (東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [立ち呑み ぴん (東京)]

東京都千代田区 / 御茶ノ水 / 居酒屋 / 18 坪
兼城 祐作 佐藤弘美
立ち呑み ぴん (東京) 立ち呑み ぴん (東京) 立ち呑み ぴん (東京) 立ち呑み ぴん (東京) 立ち呑み ぴん (東京) 立ち呑み ぴん (東京) 立ち呑み ぴん (東京) 立ち呑み ぴん (東京) 立ち呑み ぴん (東京)

補強を強めながらも、できるだけ構造をそのまま利用し天井空間を再生。
木の温もりを出来るだけ残し、オリジナルオブジェで彩りを与えました。

路地に面する外装です。
壁の一部を開口し内部を見せる演出をしました。
デザインシンボルの六角を窓に使い、通りがより一層明るくなる配慮と記憶に残るファサードを造りをしました。

1階の立ち呑みスペースです。
気軽に呑めるラフさを、つり革や荷棚で演出しました。

2階のテーブル席。
新たに造った吹き抜けは、ボトルシャンデリアを吊る事でインパクトを与え、縦の空間に迫力を生み出しています。

つい、仕事帰りに立ち寄りたくなる様なアプローチをイメージして具現化しました。

店内はどこか懐かしい雰囲気を感じられる様なレトロさを持たせる事によって客層の敷居のバランスをとります。

瓶で囲われた造形シャンデリアはユーモアさと、どこか暖かみと懐かしさを感じられるデザインに。

主張性のあるオブジェはお店の顔として店内にインパクトを。ゲストには印象を残します。

角瓶のオブジェは透明度と適度な色合いを持ち合わせ、店内を彩ります。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

御茶ノ水駅からほど近い路地(抜け道)に佇む、木造1件屋をリノベーション。
昭和のレトロ空間を残し、立ち呑み居酒屋として再生させました。
どこか懐かしさを感じながらも、角ビンのシャンデリアで
新しい発想を組み込んだ温かみある飲食空間です。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

デザイン担当

佐藤弘美

HIROMI SATO

デザイナー

佐藤弘美の写真

この作品の
イメージキーワード