1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 珈琲家 あのころ

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-80万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [珈琲家 あのころ]

  • 東京都世田谷区若林4-20-9
  • 松陰神社前
  • カフェ
  • 18 坪
  • リフォーム改装
珈琲家 あのころ カフェの内装・外観画像 珈琲家 あのころ 珈琲家 あのころ 珈琲家 あのころ 珈琲家 あのころ 珈琲家 あのころ 珈琲家 あのころ 珈琲家 あのころ 珈琲家 あのころ

店内奥の客席:赤とモルタルと木の調和することで、レトロの中にモダンさを表現

ファサード:前面ガラスを利用し、内外を繋げたデザイン

丸太を積み重ねたデザイン

客席は明るい空間と暗い空間のコントラスト

オーナー様自身のギター

表通り側の客席はテラス席のような明るい空間。

厨房には珈琲豆を焼く焙煎機を設置。赤が可愛らしい。

店内奥から外を見た写真。左手のピアノもオーナー様が弾くピアノ。

木に包まれた落ち着くカウンター席。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

オーナー様のご要望は、大正や昭和といった懐かしい古きよきお店を作りたい!今、現在の日本は便利になり、お店も親切にオシャレになっています。その代わりに失われたものも大きいと思っています。

オーナー様は敏感で細やかな気配りを持つ方。私もその熱意に惹かれ是非お手伝いしたい!と、思いました。テーマは手の加わった物、自然です。素材の力ではなく職人さんの技術力で空間を作ります。昔から今にかけて失われた木々を表現した丸太のデザイン。厚さの異なる合板をタイル状に貼った壁面など、、、

ビジネス視点では、今の街並みにいきなり古めかしいインテリアは合わない。街並みに合わせるとモダンな空間になる。そこで、昔の空間と今の空間の2段構成にしました。インテリアに庭・テラスをつくることで、通りとインテリアが一体化し入りやすい空間となります!奥には落ち着いた室内空間をつくり、通る人々に「行ってみたい!」と思わせる。テラスゾーンに賑わいを作り、インテリアを広告にします。
以上が、今回のプロジェクトの概要です。店名は「珈琲家あのころ」に是非一度ご来店下さい!

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

この事例の
イメージキーワード