1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 回転寿司 力丸

MATSUYA ART WORKS/KTX archiLAB : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南青山2丁目2番15号ウィン青山9階 [地図]
担当者 松本哲哉
設立 1979年2月10日
業種・業態 店舗デザイン/建築設計/施工
デザイナー数 5人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
一般建設業

社内風景

建築設計から空間デザインまで

その他の写真

過去作品

40年の設計経験、数百に及ぶ実績、国内外デザインアワード多数受賞
概要

店舗名 [回転寿司 力丸]

(カイテンズシ リキマル)

回転寿司 力丸のHPへ

兵庫県姫路市 / 勝原 / 回転寿司 / 41 坪
松本哲哉
回転寿司 力丸 回転寿司 力丸 回転寿司 力丸 回転寿司 力丸 回転寿司 力丸 回転寿司 力丸 回転寿司 力丸 回転寿司 力丸 回転寿司 力丸

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

数十年営業を続けている回転寿司店の改装案件です。
日本人が家族や友人と寿司を食べることに対して抱いている「特別感」「楽しさ」をより強めることのできる空間づくりを意識しました。
今回の改装は予算が少なく、いかに費用を抑えながら空間を生まれ変わらせるかが課題でした。テーブルなどは既存の天板の上に2cmの御影石を重ね、天井や壁は形を変えることなく、表面の色を変えただけです。しかし、吹抜けから700枚近い皿を吊ることで、今まで誰も見たことのない風景を創り出しました。

約700枚のお皿は、釣り糸によって1枚ずつ天井から吊下げられています。吊下げた後に全体の高さのバランスを微調整し、釣り糸を結んで固定しました。感覚的かつアナログ的な手法です。この作業は釣り好きの友人たちが手伝ってくれました。所々エアコンの風で強く揺れるお皿がありましたが、それはそれで面白いのでそのままにしておきました。

回転寿司という業態のシンボルとも言える、小さなお皿を空中に約700枚吊りました。これを見ただけで日本人なら誰でも、この店が回転寿司の店であることをすぐに理解できるでしょう。皿は2次元平面上(X,Y軸方向)では等間隔に配置されていますが、高さ方向(z軸方向)に動きを与えているため、下から見上げると大量のお皿が作りだす面が波打つ水面のように見えます。

デザイン担当

松本哲哉

Tetsuya Matsumoto

デザイン 建築設計監理 施工管理

松本哲哉の写真

この作品の
イメージキーワード