1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン

株式会社ハーミットクラブデザイン : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都調布市布田2-44-1 ホワイトヒルズN-1F-3 [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
デザイナー数 5人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
分離発注業務

社内風景

その他の写真

過去作品

斎藤俊一
商業施設、カフェや日本食料理屋等の飲食店インテリア・デザインの実績を持つ

河野嘉章
老人福祉施設、共同住宅、戸建住宅店舗併用住宅の実績を持つ
概要

店舗名 [外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン]

(ガイショクビジネスウィーク)

東京都江東区 / 国際展示場駅 / 展示会 / 2.7 坪
斎藤 俊一
外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン 外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン 外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン 外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン 外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン 外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン 外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン 外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン 外食ビジネスウィーク2014ブースデザイン

私たちのノウハウの全てが詰まったブース。庇をくぐることは外と中を分ける意図があります。

出入り口正面。見えるようで見えない、そんなデザインが人を回遊させます。

近づいてブース内を覗くと飲食店デザイン研究所のノウハウが一望できます。

並べられた小さなロゴ達。大人気でした。

器の上には様々な展示物をちりばめました。

オリジナルロゴ。飲食店らしさ、そしてデザインへの情熱を表現しました。

什器デザインになっているチラシ。どんどん引き抜かれていったため最後は什器がシンプルになりました。

内部展示の様子。シンプルで分かりやすい展示にすることで感覚的に内容を伝えることができました

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

飲食店のデザインのみに特化したブランド

入りたくなる、また来たくなる 「飲食店デザイン研究所」。

飲食店デザインを日々研究し実行しているブランドで、展示会に出展致しました。

手前の什器には光を入れ、誘目性を持たせました。
ブースの正面に壁を立て、視界を少し遮るデザインをしています。
全開放でないため人目が気になりづらく、そのため置かれた展示物が見やすくなる効果をもたせています。
それでいて中の様子も窺うことができる。
完全には見えないので、見たくなったら回り込むか、中に入る。
自然と周りに人が滞在しやすくなる仕組みをデザインしました。

正面の什器は、カラフルなチラシをいれることで、真白い什器に彩りをあたえます。
ブースデザインから壁面や造作の什器まで、ブースは全てメンバー自ら設計施工。

展示では私共のノウハウを公開し、集客しました。
日本の飲食店のオーナー様のお力になることができていれば幸いです。

外食ビジネスウィーク2014
in 東京ビックサイト
7/29・30・31

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

総合デザイン

斎藤 俊一の写真

この作品の
イメージキーワード