1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 三昌レザーパビリオン

MATSUYA ART WORKS/KTX archiLAB : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南青山2丁目2番15号ウィン青山9階 [地図]
担当者 松本哲哉
設立 1979年2月10日
業種・業態 店舗デザイン/建築設計/施工
デザイナー数 5人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
一般建設業

社内風景

建築設計から空間デザインまで

その他の写真

過去作品

40年の設計経験、数百に及ぶ実績、国内外デザインアワード多数受賞
概要

店舗名 [三昌レザーパビリオン]

(サンショウレザーパビリオン)

三昌レザーパビリオンのHPへ

兵庫県姫路市 / 姫路 / レザーショールーム / 133 坪
松本哲哉
三昌レザーパビリオン 三昌レザーパビリオン 三昌レザーパビリオン 三昌レザーパビリオン 三昌レザーパビリオン 三昌レザーパビリオン 三昌レザーパビリオン 三昌レザーパビリオン 三昌レザーパビリオン

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

兵庫県播州地域の伝統産業である皮革製造を業とするタンナーのためのショールームです。
膨大な種類の皮革素材を扱うクライアントの「商品の多様性」という強みを来場者に伝えることのできる手法が求められました。
建物の形状よりもむしろ、建物の内部において、どのような手法で展示物を見せるかが重要であったため、建物の計画に先立って内部の計画を進めました。クライアントからの要望は、約300平方メートルの展示スペースに皮革3000点以上を展示すること。この数の皮革をこの面積で展示するには、一つの階だけでは展示しきれないため、展示室を2ないし3階に積み上げる必要がありました。しかし展示室を分割すると「膨大なストック」と「多様な選択肢」を印象付ける効果が薄くなるため、ひとつの展示室に巨大な立体什器を設置することとしました。100角スチールパイプでジャングルジム状に巨大な骨格を組み、立体的なディスプレイ什器を創出。来場者はこの巨大な什器の迫力により、一見しただけで、圧倒的な商品の多様性を否応なしに認識します。また回遊性を持たせることで、ジャングルジムの中を探検するような体験を提供し、多様な皮革素材との出会いがよりエキサイティングなものになることを試みました。次に内部の巨大な什器を包む建物の設計に取り掛かりました。
建物の外観は、伝統産業のためのショールームという側面とは裏腹に、宇宙船のような近未来的なフォルムを持たせましたが、この形状は日本の伝統「おりがみ」からインスピレーションを得たものです。今回のプロジェクトでは折り紙で作った巨大な箱舟に、3000点余りのレザーをのせ、未来へ出航させました。これは、我々人類が古来より身に着けてきたレザーという素材が、未来においても身近な存在であり続けてほしいというクライアントの願いを込めた詩的表現でもあります。

デザイン担当

松本哲哉

Tetsuya Matsumoto

デザイン 建築設計監理 施工管理

松本哲哉の写真

この作品の
イメージキーワード