1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 江戸川橋蕎麦屋

株式会社WIZU : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都中央区八丁堀1-7-8若狭ビル7F [地図]
代表者 土屋匡生
担当者 土屋匡生
設立 2011年4月
業種・業態 デザイン・設計&施工・工事
デザイナー数 8人
建築 建築設計可能

社内風景

明るいアトリエです。是非一度遊びに来て下さい。

概要

店舗名 [江戸川橋蕎麦屋]

(エドガワバシソバヤ)

東京都文京区 / 江戸川橋 / 和風創作ダイニングバー / 22 坪
土屋匡生
江戸川橋蕎麦屋 江戸川橋蕎麦屋 江戸川橋蕎麦屋 江戸川橋蕎麦屋 江戸川橋蕎麦屋 江戸川橋蕎麦屋 江戸川橋蕎麦屋 江戸川橋蕎麦屋 江戸川橋蕎麦屋

年月の風合いを楽しめる大谷石を立体的に組んだ外壁が、昼夜で異なる表情を演出します。暖簾は京都の専門店で制作し、肌触りのよい出迎えのエントランスとなっています。

手打ち蕎麦を提供する職人気質のサービス精神と、新たな解釈の解析を融合した料理に相応しい和モダンの空間をデザインしました。

耐久性が高くあたたかみのある素材を内装に選定し、落ち着き長く楽しめる演出をしています。

季節の彩りやこだわりのディスプレイを配置できる、細長いギャラリー空間を客席にレイアウトしています。

耐久性が高くあたたかみのある素材を内装に選定し、落ち着き長く楽しめる演出をしています。

奥まったカウンター席は象徴的な面発光の垂れ壁をデザインし、厨房で調理する料理人を彩る演出を行っています。

半個室は暖簾で間仕切り、大切な時間を過ごせる配慮をしています。

季節の彩りやこだわりのディスプレイを配置できる、細長いギャラリー空間を客席にレイアウトしています。

エントランスは光壁が出迎えます。客席と外部の雑踏の間で非日常へ導く領域を作っています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

季節を味わう、和風蕎麦創作ダイニングバーのデザインです。
もともとクラシックな居酒屋だった空感を、和モダンで近隣住民の方々のみならず、国外からの顧客も視野に入れたデザインを配慮しました。
落ち着いた空感ながら、安価で上質な空間デザインを実現しています。

デザイン担当

土屋匡生

Masao Tsuchiya

土屋匡生の写真

この作品の
イメージキーワード