1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 横浜蕎麦 傳介

株式会社WIZU : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都中央区八丁堀1-7-8若狭ビル7F [地図]
代表者 土屋匡生
担当者 土屋匡生
設立 2011年4月
業種・業態 デザイン・設計&施工・工事
デザイナー数 8人
建築 建築設計可能

社内風景

明るいアトリエです。是非一度遊びに来て下さい。

概要

店舗名 [横浜蕎麦 傳介]

(ヨコハマソバ デンスケ)

横浜蕎麦 傳介のHPへ

神奈川県横浜市神奈川区沢渡 / 横浜 / 蕎麦ダイニング / 11.5 坪
土屋匡生
横浜蕎麦 傳介 横浜蕎麦 傳介 横浜蕎麦 傳介 横浜蕎麦 傳介 横浜蕎麦 傳介 横浜蕎麦 傳介 横浜蕎麦 傳介 横浜蕎麦 傳介 横浜蕎麦 傳介

店内は落ち着いた木調の装飾壁面を一面に計画し、外部からちらりと除く店内のアクセントとなっています。
厨房は清潔でモダンな透明ガラスタイルで覆い、ダイレクトに昼夜の光の変化を受け訪れるたびに表情が変わる空間を意識しました。

元々大きなガラスで路面に開いていたオフィスのファサードを改修し、大きな丸窓で内外の視線の行き交いを調整するのと同時に料理に対して大胆でありながら控えめな性格の店主のキャラクターを象徴するような印象的な丸窓が道行く人の興味を引くようデザインしました。

元々大きなガラスで路面に開いていたオフィスのファサードを改修し、大きな丸窓で内外の視線の行き交いを調整するのと同時に料理に対して大胆でありながら控えめな性格の店主のキャラクターを象徴するような印象的な丸窓が道行く人の興味を引くようデザインしました。

駅付近ながら商業地域から一歩距離をおいた沢渡中央公園に隣接し、緑豊かな環境にそっと寄り添った静かな環境のテナントビルに位置しています。

店内は落ち着いた木調の装飾壁面を一面に計画し、外部からちらりと除く店内のアクセントとなっています。
厨房は清潔でモダンな透明ガラスタイルで覆い、ダイレクトに昼夜の光の変化を受け訪れるたびに表情が変わる空間を意識しました。

店主の描いたアート作品が店内を彩ります。
木と対比させたガラスタイルも明るく清潔感のある店内を演出しています。

木調の装飾壁面は現場で職人が丁寧に手作りで製作しました。昼夜で全く異なる表情を生み出し、何度も来たくなるお店だとご来店のお客様よりご好評です。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

横浜駅より徒歩5分、駅付近ながら商業地域から一歩距離をおいた沢渡中央公園に隣接し、緑豊かな環境にそっと寄り添った静かな環境のテナントビルに位置しています。
元々大きなガラスで路面に開いていたオフィスのファサードを改修し、大きな丸窓で内外の視線の行き交いを調整するのと同時に料理に対して大胆でありながら控えめな性格の店主のキャラクターを象徴するような印象的な丸窓が道行く人の興味を引くようデザインしました。
店内は落ち着いた木調の装飾壁面を一面に計画し、外部からちらりと除く店内のアクセントとなっています。
厨房は清潔でモダンな透明ガラスタイルで覆い、ダイレクトに昼夜の光の変化を受け訪れるたびに表情が変わる空間を意識しました。

横浜駅周辺で質の高いお蕎麦屋さんがしのぎを削る中、職人気質のこだわりを見せながら常にアバンギャルドでありたいと願う店主の気持ちを表現すべく、プリミティブなマテリアルをシンプルに使い組合せ、既製のお蕎麦屋さんにはない価値観が表現された店舗デザインを目指しました。

デザイン担当

土屋匡生

Masao Tsuchiya

土屋匡生の写真

この作品の
イメージキーワード