1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 割烹 ともゑ

MATSUYA ART WORKS/KTX archiLAB : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南青山2丁目2番15号ウィン青山9階 [地図]
担当者 松本哲哉
設立 1979年2月10日
業種・業態 店舗デザイン/建築設計/施工
デザイナー数 5人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
一般建設業

社内風景

建築設計から空間デザインまで

その他の写真

過去作品

40年の設計経験、数百に及ぶ実績、国内外デザインアワード多数受賞
概要

店舗名 [割烹 ともゑ]

(カッポウ トモエ)

割烹 ともゑのHPへ

兵庫県姫路市 / 天神 / 割烹料理店 / 47 坪
松本哲哉 stuff
割烹 ともゑ 割烹 ともゑ 割烹 ともゑ 割烹 ともゑ 割烹 ともゑ 割烹 ともゑ 割烹 ともゑ 割烹 ともゑ 割烹 ともゑ

インターネットで弊社を知ったオーナー様からのご依頼でした。
先代から店舗を譲り受けた二代目オーナーからのご要望は、先代からの思い入れ深い無垢カウンターを残しつつ、全く新しいイメージのお店にしたいとのことでした。
既存飲食店の改装の場合、改装費を抑えるには厨房やトイレなど水回りの位置を極力変更せずに配管等設備を既設利用することがポイントとなります。この店舗でも設備工事を最小限に抑えるよう計画し、客席部分は全面的にデザインを一新しました。
パーティションで区切られただけの既存の小上がり席を壁で隔て、やや個室感のあるBOX席にしたいとのご要望を頂きましたが、店内空間が非常に狭く、天井も低かったので、完全に壁で仕切ってしまうと閉塞感のある空間になることが懸念されました。そこで壁にスリットを開け、目線の逃げ場を確保することで体感的な空間容積を広げました。天井も同様に鏡面のスリットを設置することで水平・垂直方向共に広がりのある幻想的な空間に仕上がりました。
また、外観の大規模な改装も費用が高くつく一因になりがちです。建物は3階建であったため、外装の全面改装を施せば改装費はかなり大きくなってしまいます。そこで既存エントランスに大きなゲートを取り付け、その中に内照式のサインを設置することで、ストリートからのアイキャッチを創出しながらも必要最小限の外装変更としました。内装、外装共にメリハリを効かせた計画をすることが費用対効果の高い店舗改装のポイントと言えます。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

This project is a renovation of a very long-established restaurant, with no less than thirty years of existence. The owner contacted us after viewing our website on internet. We received the request from this second generation owner following his inheritance of the store. The predecessors who left the counter wanted a new image for the shop, which engendered a great and pure emotion. However, to keep the budget of this renovation as low as possible, the use of the existing infrastructure in the restaurant, such as water pipes, toilet and kitchen position, is to be kept. The plan was to minimize the intervention on the infrastructure and focus on giving the guests’ part a more considerate remodeling. The slightly raised and partitioned seating space has to be changed into small boxes offering more comfortable feeling of a private room. Nevertheless, the narrowness of the space and the very low ceiling level was not to leave us without worries, partitioning it simply would create a feeling of confinement. Therefore, we opened slits through the walls in order to make a visual evasion and ensure a spacious volume perception. In another hand, by installing a mirror in the ceiling and folding it vertically, the space gains a fantastic visual expansion. In the meanwhile, the big scale renovation of the façade is yet to add considerable expenses. The building was three stories high, which would crave a substantial budget to renovate entirely. To resolve this dilemma we attached a new big gate to the existing one, and added a minimalist decoration including an eye-catching light sign. Considering both the interior and exterior, it can be concluded that this high point of store renovation have been cost effective.

デザイン担当

松本哲哉

Tetsuya Matsumoto

デザイン 建築設計監理 施工管理

松本哲哉の写真

施工管理担当

stuff

stuff

stuffの写真

この作品の
イメージキーワード