1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 焼鳥 山もと

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-100万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [焼鳥 山もと]

(ヤキトリ ヤマモト)

  • 東京都千代田区
  • 東京駅
  • 焼き鳥
  • 78.19 坪
  • スケルトン
焼鳥 山もと 焼き鳥の内装・外観画像 焼鳥 山もと 焼鳥 山もと 焼鳥 山もと 焼鳥 山もと 焼鳥 山もと 焼鳥 山もと 焼鳥 山もと 焼鳥 山もと

店内中央には豪快に書かれた「鳥」の一文字。凛とした空気をよりいっそう引き立ててくれます。

店外の漆喰にそっと浮かぶサイン。
これからやって来る、おいしい巡り合わせを盛り上げます。

トラディショナルな一升枡の木組みも下から照明を当てると、新しい表情を見せてくれます。

店内が見えそうで見えない入り口の演出が、大人のわくわく感を与えてくれます。

木材を基調とした広がりのある空間。所々に見え隠れする日本酒の瓶が飽きの来ない眺めに一役買っています。

ディスプレイを兼ねる「蔵」をイメージしたストックスペース。
お酒好きにはたまりません。

光の流れるような厠。時間の流れを感じさせない、非日常な気分にしてくれます。

帰り際に気がつくディスプレイスペース。
とっておきの時間の余韻をこころに残してくれます。

看板は灯籠のみ。
わざわざ足を運びたくなる、「大人の秘密基地」がここにあります。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

日本酒と鳥が体感できる空間

酒蔵のある焼鳥

看板も灯籠のみの隠れ家

日本庭園を歩き楽しんでもらえるようなアプローチ

階段をおり、一升枡のルーバーが迎え、

白と黒の玉砂利の枯山水が広がる。

水面をイメージした台

光のラインで店内へと誘導しています。

壁やルーバーで重なり、店内が見え隠れすることで、

期待感や安心感を与えています。

「鳥の書」を背後に背負ったカウンター席

奥には、日本の蔵をイメージした空間を通り、

水流をイメージした光の流れているトイレがあります。

昔ながらの日本家屋にストーリーを取り入れたお店になっています。

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

デザイン担当

茶畑 恵

Megumi Chabata

デザイン

茶畑 恵の写真

デザイン担当

河野 嘉章

Yoshiaki Kono

建築設計

河野 嘉章の写真

この事例の
イメージキーワード