1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 焼鳥 味道

株式会社山翠舎 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区広尾3-12-30 1F [地図]
代表者 山上浩明
担当者 成瀬葵
設立 1970年7月28日
業種・業態 木のお店づくりなら山翠舎(さんすいしゃ) デザイン・設計・施工・工事
スタッフ数 25人
建築 建築設計可能
資格・許認可 株式会社山翠舎一級建築士事務所 (長野)A第26281号

社内風景

東京支社のコミュニティースペースです。テレビ会議システムで長野の工場と連携しています!

その他の写真

山翠舎の工場は、信州の北アルプスの麓です。

過去事例

2017年 信州ブランドアワード2017 企業・事業ブランド部門賞」受賞
2018年 EY Entrepreneur Of The Year 2018 スタートアップ部門 甲信越代表
2019年 グッドデザイン賞・ウッドデザイン賞 受賞
2020年 信州ベンチャーサミット2020 起業家ピッチ  準グランプリ
2020年 「古民家・古木サーキュラー・エコノミー」でグッドデザイン賞 受賞
2020年 林野庁ウッドデザイン賞 受賞


2009年から店舗デザイン.comに登録
古木を活用したお店の設計施工したお店は400店舗を超えしました。

1930年創業で、木ひとすじ90年です。
建具屋で創業し、一般建設業として設立。
現在法人51年目です。
2009年から設計デザインの事業を開始して、現在では融資のアドバイスやグラフィックまで行っています。
お客様にWOWとおっしゃっていただけるようなサービスを追求しています。
概要

店舗名 [焼鳥 味道]

(ヤキトリ ミドウ)

焼鳥 味道のHPへ

  • 東京都中央区東日本橋2-9-4
  • 都営浅草線 東日本橋駅
  • 焼鳥
  • 11.3 坪
  • リフォーム改装
焼鳥 味道 焼鳥の内装・外観画像 焼鳥 味道 焼鳥 味道 焼鳥 味道 焼鳥 味道 焼鳥 味道 焼鳥 味道 焼鳥 味道 焼鳥 味道

かつて新潟の古民家に使われていた、立派な欅(けやき)蔵戸。
重厚感がありますが、開けるときはスムーズに動きます。

埼玉・神亀(しんかめ)酒造さんとは、家族ぐるみのお付き合いがあるという店主。
神亀酒造のさまざまなラインナップをお楽しみいただけます。

客席は、カウンター10席と4名席のテーブルが1つあります。
カウンター、テーブル、付け台も、欅(けやき)を使用しています。
分担して作業をするご夫妻が手際よく調理や準備をするために、厨房の動線は無理がない設計。

焼き場の店主とカウンター席のお客様が向き合うスタイル、対面式の設計です。お客様のお食事の進み具合を確認しやすいですね。またお客様は目の前で焼きあがる焼鳥をライブで楽しむことができ、焼き技をじっくり観察することができます。
焼き場の前にはガラス板があるので、お客様は落ち着いて食事ができます。
お客様からよく見える厨房の壁面は、ステンレスではなくタイルを使用しています。モダンな印象ですね。

山翠舎の、とっておきの古木を使用しています。
お客様と近い場所に、どっしりと古木があることで、落ち着く空間となり、木の「本物感」を感じで頂けるでしょう。
下がり壁は漆喰(しっくい)です。
ライトに照らされた白い壁は、手作業の塗り跡が残り、温かみある印象に。落ち着きのある色合いですね。

常温保管できるお酒のストックに便利な吊り戸棚です。
一升瓶がずらりと、綺麗に並んでいます。
インテリアとして活きています。

人のご縁を大切にしている店主。
入口すぐの左側の台には、店主の仲間の店舗情報や、味道で使用している食材についての案内などを上品に並べています。欅(けやき)の丸太のオブジェも素敵です。

割烹のような焼鳥店、味道(みどう)は、三重・熊野地鶏を使っています。
三重県原産のシャモ「八木戸」と三重県の銘柄鶏「伊勢赤どり」に「名古屋コーチン」を掛け合わせた高級鶏。

食材も最高ですが、炭にもこだわっています。紀州備長炭使用店として、和歌山・ウバメガシ原木・山田木炭を使って職人技で焼き上げます。

そして焼鳥は、芸術的な仕上がり!味だけでなく、見た目にも美しい焼鳥(笑)です!

かつて新潟の古民家に使われていた、立派な欅(けやき)蔵戸のある、割烹のような焼鳥店。大人の焼鳥店です。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

かつて新潟の古民家に使われていた、立派な欅(けやき)蔵戸のある、割烹のような焼鳥店、味道(みどう)。

食材に三重・熊野地鶏を使っています。
三重県原産のシャモ「八木戸」と三重県の銘柄鶏「伊勢赤どり」に「名古屋コーチン」を掛け合わせた高級鶏。なかなか味わえない美味しさです。

食材も最高ですが、炭にもこだわっています。紀州備長炭使用店として、和歌山・ウバメガシ原木・山田木炭を使って職人技で焼き上げます。

食器は手馴染みがよく、色や形を眺めているだけでも楽しいものを。

そして焼鳥は、芸術的な仕上がり!味だけでなく、見た目にも美しい焼鳥(笑)です!

焼鳥には、やはり純米酒、埼玉・酒造、神亀(しんかめ)の熱燗がどんどん進んでしまいますが、鶏レバーパテ(バター入りで下触りなめらか)や広島・ミラサカ(三良坂)フロマージュ(フランス、日本のチーズコンクール受賞歴あり)のチーズ焼きには、
ぜひ、bio(自然派)フランス・アルザス地方のリースリング「ジェラール・シュレール」のマリアージュを楽しんで頂きたいです。

寒くて乾燥した冬の時期、てるてる坊主が軒下につるされているときは・・・自家製「ゆべし」も楽しめるお店の証ですね。

【店舗デザイン.COM内 山翠舎 店舗事例 焼鳥 味道】
https://www.tenpodesign.com/work/detail/27118

(ライター 稲葉朋子)

営業担当

山上  浩明

Hiroaki Yamakami

営業グループ

山上  浩明の写真

その他担当

山上 建夫

Tateo Yamakami

山上 建夫の写真

この事例の
イメージキーワード