1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 都島本通りどうぶつ病院 2F増床

SP!CE_design : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

社名 SP!CE_design
所在地 大阪府河内長野市あかしあ台2-5-9 [地図]
代表者 田原トモヒロ
担当者 田原トモヒロ
設立 2001年
業種・業態 デザイン・設計・ブランディングデザイン
坪単価 3万円-5万円
条件によって異なります。ご相談下さい
スタッフ数 2人
建築 建築設計可能

過去事例

そこに空間があれば必要とするカタチが存在します。
共に創り上げていきたいと願います。

93日本ディスプレイデザイン賞 通商産業大臣賞
94.95.03.04日本ディスプレイデザイン賞
03JCDデザイン賞 奨励賞 
04日経コンサルティングリサーチ 他

TVCOOP(音響スタジオ)
蕎麦伊呂波(そば)
ROTUSFOOD (そうざい)
MARVELOUSCREAM (スイーツ、ジェラート)
堀江動物医療センター(動物病院)
ブゥランジェリィ・アペ(パン)

概要

店舗名 [都島本通りどうぶつ病院 2F増床]

(ミヤコジマホンドオリドウブツビョウイン)

都島本通りどうぶつ病院 2F増床のHPへ

  • 大阪府都島区都島本通り1-1-18
  • 谷町線 都島駅
  • どうぶつ病院
  • 30 坪
  • スケルトン
都島本通りどうぶつ病院 2F増床 どうぶつ病院の内装・外観画像 都島本通りどうぶつ病院 2F増床 都島本通りどうぶつ病院 2F増床 都島本通りどうぶつ病院 2F増床 都島本通りどうぶつ病院 2F増床 都島本通りどうぶつ病院 2F増床 都島本通りどうぶつ病院 2F増床 都島本通りどうぶつ病院 2F増床 都島本通りどうぶつ病院 2F増床

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

都島本通りどうぶつ病院 2F増床
MIYAKOJIMA HONDOORI ANIMAL HOSPITAL 2Fexpansion

「時間軸を共有するデザイン」

2010年にデザインをさせて頂いた都島本通りどうぶつ病院。
現在は、周辺地域の方々には安心して愛犬・愛猫を任せられるどうぶつ病院として親しまれている。
8年の歳月を経て、同ビル2Fにこの度、主に小動物が診療できるスペースとして増床されました。
年々トリミングの需要が増加し、現在のトリミングスペースを2.5倍に処置室も2.5倍に広げるなど
さらに動物たちの気持ちや状態をケアできる検査スペースを拡張し、飼い主さんに寄り添った病院を目指しています。

2Fが増床されたことで全体のデザインとして新たに考えたことは、
「1つの建物に見えること」と「時間の経過を感じさせないデザインであること」
1Fのコンセプトは「カフェのような空間」であったので壊さないデザインをと心掛けた。
窓面にベージュのストライプを取り入れリズム感のあるデザインをつくり一体感を創り出せた。
内部は、白をベースに木目の柔らかさに包まれた落ち着いた雰囲気で少し大人びた空間に仕上がった。
時間が経っても変わらない「風化しないデザイン」のコンセプトに通じる作品が出来ました。

デザイン担当

田原トモヒロ

tomohiro tahara

デザイナー

田原トモヒロの写真

この事例の
イメージキーワード