1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 旬・膳・燗 はせ川

株式会社山翠舎 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区広尾3-12-30 1F [地図]
代表者 山上浩明
担当者 成瀬葵
設立 1968年7月28日
業種・業態 木のお店づくりなら山翠舎(さんすいしゃ) デザイン・設計・施工・工事
スタッフ数 25人
建築 建築設計可能
資格・許認可 株式会社山翠舎一級建築士事務所 (長野)A第26281号

社内風景

東京支社のコミュニティースペースです。テレビ会議システムで長野の工場と連携しています!

その他の写真

山翠舎の工場は、信州の北アルプスの麓です。

過去事例

2017年 信州ブランドアワード受賞
2017年 たけしのニッポンのミカタ 2回放映 他
2018年 アントレプレナーオブザイヤー甲信越代表 ファイナリスト
2018年 ダイヤモンド社「レガシーカンパニー4 世代を超える永続企業 その伝統と革新のドラマ」に掲載
2019年 林野庁ウッドデザイン賞受賞
2019年 グッドデザイン賞受賞

2009年から店舗デザイン.comに登録
古木を活用したお店の設計施工したお店は400店舗を超えしました。

1930年創業で、木ひとすじ89年です。
建具屋で創業し、一般建設業として設立。
現在法人51年目です。
2009年から設計デザインの事業を開始して、現在では融資のアドバイスやグラフィックまで行っています。
お客様にWOWとおっしゃっていただけるようなサービスを追求しています。
概要

店舗名 [旬・膳・燗 はせ川]

(シュンゼンカン ハセガワ)

旬・膳・燗 はせ川のHPへ

  • 東京都荒川区西尾区7-29-81F
  • 尾久駅
  • 小料理屋
  • 10.1 坪
  • スケルトン
旬・膳・燗 はせ川 小料理屋の内装・外観画像 旬・膳・燗 はせ川 旬・膳・燗 はせ川 旬・膳・燗 はせ川 旬・膳・燗 はせ川 旬・膳・燗 はせ川 旬・膳・燗 はせ川 旬・膳・燗 はせ川 旬・膳・燗 はせ川

荒川線沿いの路面店。電車の窓から車窓を眺めているときにも気を引くことができるような、明かりの灯る和の佇まいに設計しました。

1人、2人のカウンター利用のお客様はもちろん、3人以上のグループにも対応できるようテーブル席とカウンターの角席をとっています。コンパクトな店内だからこそ、店主がすべてのお客様に目を配ることができます。

カウンター席にはつけ台をつけず、お客様とコミュニケーションを取りやすいフラット各ンターに。一部木片を置くことで、境界をわけながら少し手元を隠すことができるつけ台の役割を果たします。

当初から杉玉を吊るすことをデサインの要点においていたお施主様。料理に合うお酒の提案もこのお店の特徴の一つ。お酒に重きをおく姿勢を、杉玉でシンプルに伝えます。

格子戸からぼんやりと見える店内の賑わい。お店の前を通る人が気になった時、少しでも様子がわかると興味を引くこともできます。

厨房内も、客席からよく見える設計。そのため、厨房区画にも気を使い、フードの前にも古木を配しています。木にしない場所のようで、目に入る。
そんな場所こそ大切な演出です。

カウンター上の下がり壁には柿渋和紙を貼りました。自然な風合いが馴染みます。

オーナーさん手配の酒樽の古木を壁面に晴れるよう手直しして設置しました。
酒樽の弧の形をそのまま活かした、オリジナルの風合いです。

よく使うお皿こそ、できるだけすぐ手の届く場所へ行けるよう棚を設置。
毎日使う勝手の良さと、お客様と店主の視線を配慮してサイズも検討しています。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

付台のないメインのカウンターは、店主の仕事も見ることができる、お客様との近い距離感。テーブル席もありグループできたときにも旬の食材・お魚、お膳、燗酒を楽しむことができます。
壁面の一部には酒蔵から譲り受けた酒樽の古木を使用し、ストーリー性のあるお店になっています。
小さいスペースだからこそ、吊り戸棚やオリジナルの什器で最大限に収納スペースを確保。
お客様からよく見えるキッチンだからこそ、全面ステンレスではなくタイルを利用しました。

施工管理担当

田中  亮

Akira Tanaka

営業グループ

田中  亮の写真

この事例の
イメージキーワード