1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口

株式会社山翠舎 : デザイン事例詳細

クリップとは
デザイン会社アクセスランキング4位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区広尾3-12-30 1F [地図]
代表者 山上浩明
担当者 成瀬葵
設立 1968年7月28日
業種・業態 木のお店づくりなら山翠舎(さんすいしゃ) デザイン・設計・施工・工事
スタッフ数 25人
建築 建築設計可能
資格・許認可 株式会社山翠舎一級建築士事務所 (長野)A第26281号

社内風景

東京支社のコミュニティースペースです。テレビ会議システムで長野の工場と連携しています!

その他の写真

山翠舎の工場は、信州の北アルプスの麓です。

過去事例

2017年 信州ブランドアワード受賞
2017年 たけしのニッポンのミカタ 2回放映 他
2018年 アントレプレナーオブザイヤー甲信越代表 ファイナリスト
2018年 ダイヤモンド社「レガシーカンパニー4 世代を超える永続企業 その伝統と革新のドラマ」に掲載
2019年 林野庁ウッドデザイン賞受賞
2019年 グッドデザイン賞受賞

2009年から店舗デザイン.comに登録
古木を活用したお店の設計施工したお店は400店舗を超えしました。

1930年創業で、木ひとすじ89年です。
建具屋で創業し、一般建設業として設立。
現在法人51年目です。
2009年から設計デザインの事業を開始して、現在では融資のアドバイスやグラフィックまで行っています。
お客様にWOWとおっしゃっていただけるようなサービスを追求しています。
概要

店舗名 [炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口]

(スミビクシヤキダイドコロチッキン ハナレ オオミヤニシグチ)

炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口のHPへ

  • 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-182-1エルミタージュサクラギ
  • 大宮駅
  • 炭火串焼台所
  • 18 坪
  • スケルトン
炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口 炭火串焼台所の内装・外観画像 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口

店内中央に調理場と無垢材(松)の古木のカウンター席を配置したシンプルな構成。
真っ黒な左官の塗り壁で囲われた外部からの印象とは一転し、店内は間接照明を中心とした暖かみのある雰囲気になっています。
あくまでも料理が引き立つようにと、落ち着いた木目、色目を選んでいます。

店内中央に調理場と無垢材(松)の古木のカウンター席を配置したシンプルな構成。
真っ黒な左官の塗り壁で囲われた外部からの印象とは一転し、店内は間接照明を中心とした暖かみのある雰囲気になっています。
あくまでも料理が引き立つようにと、落ち着いた木目、色目を選んでいます。

車の往来が絶えない環境を配慮し、建物正面にハザードとなるような、「炭」をイメージした真っ黒な大きな左官の塗り壁をつくりました。壁にはアルミパイプを差し込んだ穴をいくつもつくり、店内からの光が漏れるように演出しています。
その光はまるで「炭火」のようですね。

店内中央に調理場と無垢材(松)の古木のカウンター席を配置したシンプルな構成。
真っ黒な左官の塗り壁で囲われた外部からの印象とは一転し、店内は間接照明を中心とした暖かみのある雰囲気になっています。
あくまでも料理が引き立つようにと、落ち着いた木目、色目を選んでいます。

カウンター席の後ろにあるテーブル席は、蚊帳(かや)のような風合いの黒い透け感のある暖簾(のれん)によって柔らかく仕切られています。この暖簾はメニュー看板や待合場所にも使用していますが、間接照明と組み合わせる事で店内に奥行きを持たせています

待合場所は、蚊帳(かや)のような風合いの黒い透け感のある暖簾(のれん)を使用しています。
この暖簾はカウンター席の後ろにあるテーブル席の仕切りやメニュー看板にも使用していますが、間接照明と組み合わせる事で店内に奥行きを持たせています。
暖簾下の楓(かえで)の長椅子は、旧店舗の古民家でも使用していた古木です。暖かみと味わいがあります。
新規のお客様にも常連のお客様にも懐かしんで頂ける、親しみをもって頂ける店舗になりました。

メニュー看板は、蚊帳(かや)のような風合いの黒い透け感のある暖簾(のれん)を使用しています。
この暖簾はカウンター席の後ろにあるテーブル席の仕切りとして、また待合場所にも使用していますが、間接照明と組み合わせる事で店内に奥行きを持たせています。

焼き鳥の地鶏は宮崎県郡城市・霧島ハーブ鶏。産地より直送され、その日に調理場で串打ちをし、お客様の目の前で炭火焼きし、提供していいます。新鮮な食を楽しめる、お店のこだわりの逸品です。
お客様と調理場スタッフとのコミュニケーションが円滑に運ぶ、カウンター席がメインの店内構成です。

外看板はお料理を提供するお皿と同じ作家さんの作。柔らかく光っています。外壁の板は「炭」を連想させる焼き杉です。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

炭火串焼台所「ちっきん はなれ」は、埼玉・大宮駅の都市開発に伴い南口から西口へ移転し、2018年11月30日リニューアルオープンしました。旧店舗の古民家改修工事も山翠舎が手掛けています。
今回は「炭火焼き」に注目し、デザインのテーマを「炭火」としました。
炭=黒。さまざまな素材の黒を散りばめた店舗は、眺めていても飽きない「炭火」のようです。
スタイリッシュなのに暖かみのあるカウンター、無垢材(松)の古木(こぼく)を囲んで、お客様と親しく語らえる場所になりました。

【店舗デザイン.COM内 山翠舎 店舗事例 炭火串焼台所 ちっきん はなれ 大宮西口】
https://www.tenpodesign.com/work/detail/28908

(ライター 稲葉朋子)

施工管理担当

岸 航平

Kishi Kouhei

現場監督

岸 航平の写真

営業担当

酒井 香菜子

Sakai Kanako

営業・広報

この事例の
イメージキーワード