1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. DAIGOMI BURGER

クロノバデザイン株式会社 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区神宮前6-19-1-3F [地図]
担当者 小野
設立 2014年1月
業種・業態 デザイン・設計&施工・工事
スタッフ数 30名
資格・許認可 一級建築士事務所

社内風景

過去事例

≪ 和食系 ≫
 ├ 居酒屋
 ├ 鮨・寿司
 ├ 割烹料理
 ├ 海鮮料理
 ├ 焼鳥店
 ├ 焼肉店
 ├ 鉄板焼 / ステーキ
 ├ もんじゃ
 ├ しゃぶしゃぶ
 ├ 沖縄料理
 └ 定食・おばんざい

≪ 多国籍料理 >>
 ├ イタリア料理
 ├ フランス料理
 ├ インド料理
 ├ メキシコ料理
 ├ 地中海料理
 ├ 中国料理
 └ 韓国料理

≪ 専門店(飲食)≫
 ├ お茶漬け
 ├ ラーメン
 ├ うどん
 ├ ハンバーガー
 └ 海老フライ

≪ カフェ・バー ≫
 ├ ブックカフェ
 ├ ふくろうカフェ
 ├ 台湾茶カフェ
 ├ ハワイアンカフェ
 ├ サンドイッチカフェ
 ├ スムージーカフェ
 ├ レトロ喫茶
 ├ クラフトビールバー
 ├ 日本酒バー
 ├ ジャズバー
 ├ 立ち飲みバー
 └ ワインバー

≪ テイクアウト ≫
 ├ ベーカリー
 ├ パティスリー
 └ お弁当

≪ サービス(美容系)≫
 ├ ヘアサロン
 ├ バーバー
 ├ エステサロン
 ├ まつげサロン
 ├ ネイルサロン
 ├ フットサロン
 ├ マッサージ
 ├ ヨガスタジオ
 ├ 整体院
 └ 鍼灸院

≪ 物販・アパレル ≫
 ├ フラワーショップ
 ├ アクセサリーショップ
 ├ マグカップショップ
 ├ アパレル
 ├ インテリアショップ
 └ ギャラリーショップ

≪ その他 ≫
 ├ オフィス
 ├ トリミングサロン
 ├ ペットホテル
 ├ ショールーム
 ├ ワークショップスタジオ
 ├ スクール
 └ 住宅

and more...!!
概要

店舗名 [DAIGOMI BURGER]

(ダイゴミバーガー)

  • 神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9 アソビル1階
  • 横浜駅
  • カフェ・パン屋・ケーキ屋
  • 16.9 坪
DAIGOMI BURGER カフェ・パン屋・ケーキ屋の内装・外観画像 DAIGOMI BURGER DAIGOMI BURGER DAIGOMI BURGER DAIGOMI BURGER DAIGOMI BURGER DAIGOMI BURGER DAIGOMI BURGER DAIGOMI BURGER

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

【郵便局をリノベした遊び心あるチーズバーガーショップ】
横浜駅東口の横浜中央郵便局別館をリノベーションして新たに複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」が2019年3月に開業しました。フロアごとにテーマを変えて様々な体験をすることができます。

その施設開業に合わせてチーズが主役のチーズバーガーをテーマとした「DAIGOMI BURGER」がオープンしました。このお店はこの商業施設の運営を行う、株式会社アカツキライブエンターテインメントさんからのご依頼です。
お店は商業施設1Fの飲食店の集まったフロアにあります。いわゆるショッピングセンターのような雰囲気ではなく、横丁のような世界観を感じられる空間です。

「女性が入りやすく、個性的で他とは違うブルックリン風のデザインにしたい」とのご要望を受け、お子さま連れでも入りやすいカジュアルでユーモアのあるインダストリアルなデザインを目指しました。
ご要望にあったNYのブルックリンは廃墟の倉庫街をリノベーションして街全体が活性化した背景があります。今回の施設も元郵便局の集配センターだった過去があり、その無骨な味わいを活かしつつ設計していきました。

お店はキッチンとカウンター、テーブル席は店舗区画、その区画から外に出る形でホール席があります。お店全体で床は元の郵便局時代のまま、あえて駐車スペースの白線を残しました。

店舗区画に入ると、まず目に入るのはカウンターです。光沢感のあるサブウェイタイルで仕上げられ、天板から黄色いチーズが垂れています。単純に下に向かって垂れているのではない、とろーりと美味しそうな立体感あるチーズが食欲をそそります。

このチーズのデザインは担当チーフデザイナーがチーズの溶け方を研究してデザインしたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製の特注カウンターです。
この特注カウンターの収まりは現場チームの奮闘がありました。お店の外側から見えるカウンター横の冷蔵ショーケースは通常店内側から施工しますが、店内キッチン側の床が上がっているため、通常通りの施工ができませんでした。そこで冷蔵ショーケースが収まるサイズでカウンターを施工した後、お店の外側から冷蔵ショーケースを入れ込みました。精密に仕上げなければ一体感のあるカウンターには仕上がりません。違和感無くタイルで仕上げられたカウンターには工夫と努力がありました。

テーブル席側は不ぞろいの椅子やアイアン調のテーブル、無骨な照明がインダストリアルな雰囲気です。なにより目を引くのはフェンスの壁に吊るされた黄色い自転車です。この自転車は郵便局で実際に使われていた自転車をカウンターと同じ黄色に塗装し、荷台の箱にチーズの箱を入れて、遊び心あるオブジェとなりました。

ホール席は天井が高くストリングライトが飾られ、施設の中であっても外にいるような開放感を味わえます。

表面的にブルックリン風にするのではなく、かつての郵便局の味わいを活かしてリデザインし、性別や年代を問わず施設に訪れる人が、つい集まりたくなるような遊び心あるお店に仕上がりました。

デザイン担当

ChronoBa Design

ChronoBa Design

ChronoBa Designの写真

施工管理担当

ChronoBa Design

ChronoBa Design

ChronoBa Designの写真