1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. GINZA Fujimaru

クロノバデザイン株式会社 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区神宮前6-19-1-3F [地図]
担当者 小野
設立 2014年1月
業種・業態 デザイン・設計&施工・工事
スタッフ数 30名
資格・許認可 一級建築士事務所

社内風景

過去事例

≪ 和食系 ≫
 ├ 居酒屋
 ├ 鮨・寿司
 ├ 割烹料理
 ├ 海鮮料理
 ├ 焼鳥店
 ├ 焼肉店
 ├ 鉄板焼 / ステーキ
 ├ もんじゃ
 ├ しゃぶしゃぶ
 ├ 沖縄料理
 └ 定食・おばんざい

≪ 多国籍料理 >>
 ├ イタリア料理
 ├ フランス料理
 ├ インド料理
 ├ メキシコ料理
 ├ 地中海料理
 ├ 中国料理
 └ 韓国料理

≪ 専門店(飲食)≫
 ├ お茶漬け
 ├ ラーメン
 ├ うどん
 ├ ハンバーガー
 └ 海老フライ

≪ カフェ・バー ≫
 ├ ブックカフェ
 ├ ふくろうカフェ
 ├ 台湾茶カフェ
 ├ ハワイアンカフェ
 ├ サンドイッチカフェ
 ├ スムージーカフェ
 ├ レトロ喫茶
 ├ クラフトビールバー
 ├ 日本酒バー
 ├ ジャズバー
 ├ 立ち飲みバー
 └ ワインバー

≪ テイクアウト ≫
 ├ ベーカリー
 ├ パティスリー
 └ お弁当

≪ サービス(美容系)≫
 ├ ヘアサロン
 ├ バーバー
 ├ エステサロン
 ├ まつげサロン
 ├ ネイルサロン
 ├ フットサロン
 ├ マッサージ
 ├ ヨガスタジオ
 ├ 整体院
 └ 鍼灸院

≪ 物販・アパレル ≫
 ├ フラワーショップ
 ├ アクセサリーショップ
 ├ マグカップショップ
 ├ アパレル
 ├ インテリアショップ
 └ ギャラリーショップ

≪ その他 ≫
 ├ オフィス
 ├ トリミングサロン
 ├ ペットホテル
 ├ ショールーム
 ├ ワークショップスタジオ
 ├ スクール
 └ 住宅

and more...!!
概要

店舗名 [GINZA Fujimaru]

(ギンザフジマル)

  • 東京都中央区銀座4-10-1銀座AZAビル6F
  • 東銀座
  • フレンチ
  • 13.6 坪
GINZA Fujimaru フレンチの内装・外観画像 GINZA Fujimaru GINZA Fujimaru GINZA Fujimaru GINZA Fujimaru GINZA Fujimaru GINZA Fujimaru GINZA Fujimaru GINZA Fujimaru

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

『秘めた探求心を呼び起こす、ロマンある鉄板フレンチレストラン』

人は、ミステリーに惹きつけられます。それは畏怖とロマンを抱かせるからではないでしょうか。例えば、太古の時代を思わせる炎や洞窟、宗教的謎を孕んだ古文書…
ここ、フレンチ鉄板『GINZA Fujimaru』はまさにそんなロマンを感じさせるお店です。

お店は東銀座駅から徒歩2分。にぎわう通りをエレベーターで6Fへ。すると既にロマンは始まっています。エレベーターの扉が開くと、そこはアーチの天井に石造りの壁。まるで中世のお城や教会の廊下、あるいは洞窟を思わせます。どこまで続くのか、そんなとまどいを覚え、ふと目に留まるのが壁に飾られた謎めいた本です。
皮張りの古い本のタイトルは『Fujimaru』。やはりこのお店で良かったんだ、と安堵すると隠し扉が開きます。

店内は8席のアーチ型のカウンターのみ。世界はがらりと雰囲気が変わり、力強くも豪壮な空間です。テーマは“マントル”。カウンター上の垂れ壁は幾層も重なった地層のようです。地層の間からは熔岩の炎を思わせるようにチラチラと紅い光が漏れています。カウンターは天然大理石。つややかでミステリアスなダークブラウンのマーブル模様です。

カウンターの内側はオープン厨房です。目前で繰り広げられるフレンチ鉄板の妙技をお楽しみいただけます。特別なひと時を味わいながら、カウンターの左右に目を向けると、カウンターが続いているような広がりを覚え、オーバルの曲線を描くようです。

空間設計するにあたり、オーナーからのご要望は「お客様の琴線に触れる事ができるお店」でした。
そこで担当デザイナーは訪れる人が心から楽しめる大人の為のエンターテイメント空間にすることを目指しました。洞窟や中世の廊下を連想させる謎めいたエントランス、店内は鉄板料理の炎を美しく体感できる、マントルをモチーフにデザイン設計しました。

8席のカウンターは17.4㎡、エントランスは5.2㎡と決して広くはない空間を、エンターテイメントを楽しめる広さへ“錯覚”によって広がりを持たせました。店内は前述の通り、アールのカウンターの端を窓の反射と鏡によって、広がりを演出しました。エントランスは大人が3歩進めば突き当たるような空間ですが、アーチ状の廊下のトリックアートの壁画とミラーを組み合わせてどこまでも続くかのような空間をつくり出しました。

店内の垂れ壁の地層状のオブジェは、美大の工房の協力があり実現しました。素材は銅・アルミ・真鍮・ガラス・鉄と、まさにマントルを構成する素材をピックアップし、細かく精密な図面を描いてレーザーで棒状にカットしました。それらを組み合わせる骨組みとなるパーツは大きく3つにわかれ、カウンターのカーブに沿うように設計しました。骨組みに棒状の素材を積層していきます。紅いガラスの素材は照明を裏から当てて熔岩の炎を思わせるデザインにしました。

今回は、お皿のプロデュースも担当しました。陶芸家にイメージを伝え、店内の炎やマントルの世界観にマッチする、食の探求心をくすぐるようなグラデーションが美しいお皿に仕上がりました。

エントランス、店内、お皿と今回はトータルで独自のロマンある空間づくりに携わりました。世界観を実現するためにミラーの錯覚の技法で広さを感じさせ、銀座という特別な立地に調和しつつも忘れていた大人の探求心を思い出させる上質なエンターテイメント空間を実現できたのではないでしょうか。

デザイン担当

ChronoBa Design

ChronoBa Design

ChronoBa Designの写真

施工管理担当

ChronoBa Design

ChronoBa Design

ChronoBa Designの写真

この事例の
イメージキーワード