1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. とし内科クリニック

KTX archiLAB : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

社名 KTX archiLAB
所在地 兵庫県姫路市船丘町298-2 日新ビル2F [地図]
担当者 松本哲哉
設立 1979年2月10日
業種・業態 店舗デザイン/建築設計/施工
スタッフ数 5人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所

社内風景

その他の写真

過去事例

40年の設計経験、数百に及ぶ実績、国内外デザインアワード多数受賞、国内外メディア多数掲載
概要

店舗名 [とし内科クリニック]

(トシナイカクリニック)

とし内科クリニックのHPへ

  • 兵庫県揖保郡太子町東南344-6
  • 網干駅
  • 内科クリニック
  • 72 坪
  • 建築から設計
とし内科クリニック 内科クリニックの内装・外観画像 とし内科クリニック とし内科クリニック とし内科クリニック とし内科クリニック とし内科クリニック とし内科クリニック とし内科クリニック とし内科クリニック

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

The OmniDirectional ~裏表のない医院~
兵庫県太子町に位置する内科クリニック開業案件。待合から見える位置にガラス張りの内視鏡室を配置することで、内視鏡検査を得意とするクライアントの強みをわかりやすい形で患者に伝える設計とした。(検査中はカーテンを閉める)
内視鏡室は待合から見える位置で尚且つ前処置室と診察室側からのアクセス可能な位置として建物の中心に配置、その裏側にバックヤードを配置することで処置室と診察室両側へのスタッフ動線を確保した。
構造は木造平屋建、1820㎜グリッドの正方形を組み合わせた平面形状。建物は周囲3面から見渡せるため、1820㎜ごとに階段状になった外壁の死角にAC室外機や給湯器などの屋外設備を配置し、裏表のない建物とした。

The OmniDirectional is an internal medicine clinic located in a Japanese suburban town of Hyogo prefecture. The core of the clinic is the endoscopy room, specialty of the doctor, naturally placing it in a central position both spatially and functionally. The entrance, through a vestibule, gives directly to the central axis of the waiting room, with the reception counter in the back and followed by a large clear glass opening that showcases the endoscopy room as a modern medical tech piece of art.
The room needs to be accessed from both the examination section and the treatment section, while these two require a direct access from the waiting room, and a straight connection to and through the backyard of the clinic. Placing the endoscopy room at the center and surrounding it with the four other spaces results on a castellated square deposited on its lateral axes.
The wooden frame of the building follows the conventional Japanese 910mm grid. While the shape castellations use a double unit of 1820mm to guarantee a better functionality. Since the clinic location makes it perceptible on at least three different sides, disposing the rattled square on its lateral axes allows the clinic to have the same appearance in every direction, while still producing hidden spots to place the MEP machineries.
The materiality of the clinic also plays an essential role for highlighting the endoscopy room as the core of the building. By contrasting the edgy and stoic cement fiber panels covering the totality of the exterior aspect to the warm and relaxing OSB panels on the walls and ceiling of the waiting room, the space blends hospitality with medical care in a subtle duality. The contrast in inversed on the inside, where the endoscopy room, visible through the glass behind the reception space, is finished in white surfaces accentuating the high-tech aspects and the high medical virtuosity. While in use the room is closed to secure a total intimacy for the patients.

デザイン担当

松本哲哉

Tetsuya Matsumoto

デザイン 建築設計監理 施工管理

松本哲哉の写真

デザイン担当

竹内基晃

Motohiro Takeuchi

設計

竹内基晃の写真

デザイン担当

Farid Ziani

Farid Ziani

Farid Zianiの写真

この事例の
イメージキーワード