1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. hair&heal CaCa

デザイン会社概要

所在地 大阪府大阪市西区南堀江2-9-24-2F [地図]
代表者 一級建築士 武田憲昭
担当者 インテリアデザイナー 吉澤生馬
設立 2006年
業種・業態 デザイン・設計・リフォーム・リノベーション・販促物デザイン
坪単価 3万円-10万円
デザイナー数 6人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
大阪府知事登録 (イ)第24068号

管理建築士 武田憲昭
国土交通大臣登録 第334868号

一級建築士 1名
武田憲昭

二級建築士 1名
田中貴浩

社内風景

素材選定中

その他の写真

過去作品

過去に手がけた設計デザイン

旅館 リゾートホテル 結婚式場
個人住宅 別荘 住宅リフォーム
レストラン バー ショップ
オフィス スタジオ
眼科・歯科・形成外科クリニック
薬局 集会場 寺院

賞歴

2014年 DESIGN FOR ASIA AWARDS(香港) 受賞
2014年 NICHIHA SIDING AWARD 2014 リフォーム賞受賞
2013年 JCDデザインアワード2013 BEST100 入選
2011年 JCDデザインアワード2011 BEST100 入選
2010年 第13回木材活用コンクール 第4部門賞(インテリア・家具)
2009年 四国化成施工コンテスト2009 優秀賞
2007年 Kobe Biennale 2007「アート・イン・コンテナ」コンペティション 入選
2006年 第4回だんぼーるデザインアイデアコンテスト2006 佳作
2006年 第4回ムーブアートマネージメントポートフォリオコンペティション 入選
2005年 つくば田園都市コンセプト住宅実施設計競技 2等
概要

店舗名 [hair&heal CaCa]

hair&heal CaCaのHPへ

愛知県豊川市一宮町泉36 / JR三河一宮駅 / 美容院 / 27.44 坪
武田 憲昭 吉澤 生馬
hair&heal CaCa hair&heal CaCa hair&heal CaCa hair&heal CaCa

カットスペースを見る。
各カットイスは平面的に角度を変えそれぞれ違う方向に向いている。

カットスペース奥からレセプション方向を見る。
角度の振られた各木板の壁に設置された鏡には様々な方向のものが反射し、拡がり、奥行きのある空間を作り上げる。

レセプションカウンターを見る

シャンプースペース

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

愛知県豊川市、豊かな自然に恵まれた閑静な住宅街。近隣住民の主たる生活道路にあたる県道に面した美容室の計画である。オーナーは20代と若く、ご自身がお住まいの豊川市に自らの美容理念を実現した美容室をオープンすべく準備を進められていた。

オーナーの要望はナチュラルで落ち着きがあり、付近の方々が気軽に集まれる場になるような美容室。その他にも立地条件、主なターゲット層、既存テナントの状態、室内熱環境、コスト、様々な回答すべき事項が多々あり、極力それらをシンプルな解法を持ってお客様にとってわかりやすく親しみを持っていただけるお店としてまとめるために、あるルールを設定することでそれらが解決できないか模索をした。

具体的には幅・厚みが一定の木板の断面・平面共にルールを持たせて計画をした。断面計画においては上下にいくほど開放的になるよう木板の角度を変える計画とした。その結果、カットイスに座られたお客様が他のお客様と視線を合わすことがない状態をつくり、店内の限られた面積において上下の抜け・繋がりにより開放感を得ると同時に、コストを抑える為に既存空調を転用した室内熱環境を木板の上下の抜けにより空気を循環させる計画とすることで快適なものとすることができる。

平面計画においては一つ一つのカットスペースを間仕切る木板の壁を既存建物に対して入り口が狭く奥に行くほど広がっていくよう互いの角度を変える計画とした。その結果、狭いところから広いところに入り包まれているような状態となり、それぞれは繋がりながら個室感を得ることができる。個室感は一人ひとりのお客様に周りを気にせずに過ごしていただきたいというオーナーの希望であると同時に、完全個室だと的確に行うことが難しいスタイリストに対してアシスタントのフォローが、今回の計画では的確に遅れずに行われるよう配慮した。

こうして出来上がった木板の断面・平面にルールを設定するというシンプルな解法により構成された美容室にオーナーご自身が「hair&heal CaCa」と店名の他にhair&healを付け加えられ、完成した空間を付近の方々にとって髪を切るだけの為に集まる場所だけではなく、日々の忙しさを忘れてゆっくりと過ごして頂ける癒しの場としてお使いいただける場所を目指されている。

デザイン担当

武田 憲昭

Noriaki Takeda

一級建築士

武田 憲昭の写真

デザイン担当

吉澤 生馬

Ikuma Yoshizawa

インテリアデザイナー

吉澤 生馬の写真

この作品の
イメージキーワード