1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 有馬温泉 ねぎや陵楓閣

デザイン会社概要

所在地 大阪府大阪市西区南堀江2-9-24-2F [地図]
代表者 一級建築士 武田憲昭
担当者 インテリアデザイナー 吉澤生馬
設立 2006年
業種・業態 デザイン・設計・リフォーム・リノベーション・販促物デザイン
坪単価 3万円-10万円
デザイナー数 6人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
大阪府知事登録 (イ)第24068号

管理建築士 武田憲昭
国土交通大臣登録 第334868号

一級建築士 1名
武田憲昭

二級建築士 1名
田中貴浩

社内風景

素材選定中

その他の写真

過去作品

過去に手がけた設計デザイン

旅館 リゾートホテル 結婚式場
個人住宅 別荘 住宅リフォーム
レストラン バー ショップ
オフィス スタジオ
眼科・歯科・形成外科クリニック
薬局 集会場 寺院

賞歴

2014年 DESIGN FOR ASIA AWARDS(香港) 受賞
2014年 NICHIHA SIDING AWARD 2014 リフォーム賞受賞
2013年 JCDデザインアワード2013 BEST100 入選
2011年 JCDデザインアワード2011 BEST100 入選
2010年 第13回木材活用コンクール 第4部門賞(インテリア・家具)
2009年 四国化成施工コンテスト2009 優秀賞
2007年 Kobe Biennale 2007「アート・イン・コンテナ」コンペティション 入選
2006年 第4回だんぼーるデザインアイデアコンテスト2006 佳作
2006年 第4回ムーブアートマネージメントポートフォリオコンペティション 入選
2005年 つくば田園都市コンセプト住宅実施設計競技 2等
概要

店舗名 [有馬温泉 ねぎや陵楓閣]

有馬温泉 ねぎや陵楓閣のHPへ

兵庫県神戸市北区有馬町1537-2 / 神戸電鉄有馬温泉駅 / 旅館 / 49.39 坪
武田 憲昭 吉澤 生馬
有馬温泉 ねぎや陵楓閣 有馬温泉 ねぎや陵楓閣 有馬温泉 ねぎや陵楓閣 有馬温泉 ねぎや陵楓閣

土間スペースから和室、楓柄の建具の向こうにベッドスペース、開口部で切り取られた有馬の山々を望む

建具を開け放つと空間が外部と連続する

エントランスから土間スペースを見る

洗面脱衣室を見る
今回は家具や備品などのコーディネートも行った

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

かの豊臣秀吉も愛した兵庫県の温泉郷「有馬温泉」その温泉郷に宿を構える老舗旅館「ねぎや 陵楓閣」の客室リニューアルの計画である。「陵楓閣」という名称からもわかるように、この旅館は野生の楓を避けるように複数の棟によって構成されている有馬の楓と共に歩んできた旅館である。

設計を進めるに当たり、長い歴史を共に歩んできた「楓」というブランディングの軸である部分を今後より強いものとするとするきっかけを作ると同時に、お客様が気兼ねなく過ごして頂けるプライベートな時間をコンセプトとしてた。

具体的には、眼下に広がる楓の絨毯がひかれたような美しい風景が客室の特徴になると初めて旅館を訪れた際に感じたので、空間は黒子と徹し開口部から望む風景を切り取り、この風景をより近くに望むことができる開口部周りを「プライベートエリア」としてここを中心に平面計画を行った。また、空間の作り込みによるハード面のプライベート感だけではなく、仲居によるサービスつまりソフト面からもより強いものとすべく、与えられた空間を二つに割り「パブリックエリア」と「プライベートエリア」に完全に分け、パブリックエリアに入ることのないサービスを行うことを提案した。そうすることで私物やベット周りなど仲居に宿泊客の方があまり見られることを好まない部分を見られることなく、限られた時間ゆっくりと自由に客室で過ごすことができると考えた。

この二つのエリアは楓柄の木製建具によって間仕切られ、部屋出しの食事の際は眼下の風景の変わりに楓柄の建具が食事シーンの背景として浮かび上がる。また、アイレベルが一段上がった和室から建具を開け放つと眼下の楓の絨毯といった具合に楓のレイヤーが客室内で重なり合い、楓と共に歩んできた旅館のブランディングをより一層明快なものとすると同時に楓をテーマとした部屋として客室の個性が現れる。

今回の客室リニューアルにより、旅館の特徴、立地条件を最大限引き出した特徴のある客室、宿泊客の方が日々の雑踏をひと時忘れゆっくりとした時間を過ごしていただける客室がハード面、ソフト面共に提案できたと感じている。

デザイン担当

武田 憲昭

Noriaki Takeda

一級建築士

武田 憲昭の写真

デザイン担当

吉澤 生馬

Ikuma Yoshizawa

インテリアデザイナー

吉澤 生馬の写真

この作品の
イメージキーワード