1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 七叶和茶 美罗城店

株式会社KAMITOPEN 一級建築士事務所 : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区東麻布2-32-10東麻布SSビル4階 [地図]
代表者 吉田昌弘
担当者 吉田昌弘
設立 2007年11月1日
業種・業態 設計・デザイン/建築設計 ・インテリア設計(住宅、店舗etc)、家具・照明等
デザイナー数 7人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士

過去作品

nana's green tea星ヶ丘店(名古屋)
TIARA美容室(宮城)
スブニール(ケーキ販売店/茨城)
H'or美容室(東京)
ウノ・ジェンネ(エステ/東京)
PRODUCE美容室(神奈川)
概要

店舗名 [七叶和茶 美罗城店]

海外上海市 / 徐家匯 / 和カフェ / 80 坪
吉田 昌弘
七叶和茶 美罗城店 七叶和茶 美罗城店 七叶和茶 美罗城店 七叶和茶 美罗城店 七叶和茶 美罗城店 七叶和茶 美罗城店 七叶和茶 美罗城店 七叶和茶 美罗城店 七叶和茶 美罗城店

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

「行灯と提灯」

株式会社七葉は「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。
良質の抹茶を、抹茶ラテなど現代的にアレンジしたメニューで提供している。
そして、その店内に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」である。
それは、オーナーの言葉を借りれば”日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店”をつくりたいという思いの表れである。
今回は、中国への出店ということで、中国と日本の文化の融合をテーマに設計した。
それは、「アジアの茶室」を作る試みである。
中国では、お茶を椅子で座って楽しみ、日本では茶道の発展に伴って、床に座って楽しむ形式が発達した。
また、照明器具においても、中国語から伝わった提灯が、日本では和紙を使う事によって、提灯と行灯とがそれぞれ異なる進化を遂げた。
中国語では、「灯籠」(タンロン)と呼ばれ、提灯と行灯の両方を含んだ言葉となっている。
そこで、私は中国から伝わった「提灯」と日本独自の進化を遂げた「行灯」の文化の融合を空間で表現した。
実際には、空間に必要な間仕切りを上下で分割し、天井に付随する部分を「提灯」、床に付随する部分を「行灯」に見立てて設計した。

デザイン担当

吉田 昌弘

Masahiro Yoshida

デザイナー

吉田 昌弘の写真

この作品の
イメージキーワード