1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. PRODUCE 成瀬店
株式会社KAMITOPEN 一級建築士事務所
東京都港区東麻布2-32-10東麻布SSビル4階
×

PRODUCE 成瀬店

(クリップ済) 一覧へ

店舗概要

  • 東京都町田市南成瀬1-9-1MUビル1F
  • JR横浜線成瀬駅
  • 美容室
  • 55 坪
  • リフォーム改装

担当者

イメージキーワード

吉田 昌弘

この事例のコンセプト

「間仕切りで「間」をつなぐ」

敷地は、町田市にある住宅街である。美容院は道路と面しているが、
間口に対して奥行きが3倍以上ある、縦に長い空間である。
このような空間の環境において、外部との関係をどのように保ち、影響を受け合っていけるか。
美容室に必要なエレメントだけを抽出し、「視覚」をテーマに設計をすすめた。
昨今の店舗空間において、客のプライバシーを守るために空間を細かく仕切ったり、外部と内部のつながりを入り口のみに限定するという手法が多用に行われている。
その行為自体は、一人一人の「個」の空間は豊かになり、評価されるべきものであると考えるが、全体の空間としての魅力は失われていっているのではないかと感じる事があった。
そこで、必要なエレメントである仕切りを残したまま、同時に全体の空間につながりを持たせるために、間仕切りによって「間」を繋げることは出来ないかと考えた。
実際の設計としては、外壁(外と中を区切る間仕切り)
+パーティション1(待合いとカットスペースを区切る間仕切り)
+パーティション2(カットスペースとシャンプースペースを区切る間仕切り)
+パーティション3(シャンプースペースと半個室カットスペースを区切る間仕切り)
+パーティション4(シャンプースペースとディスペンサリーを区切る間仕切り)の5枚の間仕切りが、それぞれ単独で見ると通常の間仕切りだが、全体として合わさると、一枚の風景となるように設計した。
さらに、それらの間仕切りを視覚的に繋ぐために、太陽の光を表現するホリゾントを放射状に配置し、また、太陽が水面に映り込んだ姿として、タイルの目地を2色使用し、放射状の目地を作った。
その結果、仕切られた空間を1つの空間に還元することが出来、一枚の絵に空間という息吹を与えることが出来た。

この事例を手掛けた会社の概要

社名 株式会社KAMITOPEN 一級建築士事務所
所在地 東京都港区東麻布2-32-10東麻布SSビル4階
電話番号 0037-6411-003-208
外部リンク
代表者 吉田昌弘 担当者 吉田昌弘
業種・業態 設計・デザイン/建築設計 ・インテリア設計(住宅、店舗etc)、家具・照明等
建築設計 可能 スタッフ数 7人
資格・許認可 一級建築士