1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. カジュアルレストラン NICUTA

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-100万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [カジュアルレストラン NICUTA]

  • 東京都三鷹市
  • JR線 三鷹駅
  • カジュアルレストラン
  • 15 坪
  • 居抜き改装
カジュアルレストラン NICUTA カジュアルレストランの内装・外観画像 カジュアルレストラン NICUTA カジュアルレストラン NICUTA カジュアルレストラン NICUTA カジュアルレストラン NICUTA カジュアルレストラン NICUTA カジュアルレストラン NICUTA カジュアルレストラン NICUTA カジュアルレストラン NICUTA

レッドシダーと黒のコントラストがあるサイン
脚元の既存レンガにあしらわれた白色のエイジング塗装
両者がガラスを挟むことでより店内を引き立てています。

入った時の段々状の木の壁面は小さな店内をより広く見せるためのデザイン。日本のデザイン手法を使っています。

店内が一体的が見渡せ、お店全体に賑わいを持たせるレイアウトとしています。

奥の客席はちょっと落ち着ける席にしています。

パントリーを客席側に持ってきた変則的なレイアウト。ディッシュアップなどのホールと厨房とのオペレーションまで店内の賑わいにデザインと取り込んだ設計です。

厨房との対話を楽しめるハイカウンター。ハイカウンターの背もたれが店内のインテリアに品を与えてくれています。

店内からほっと一息つけるトイレには間接照明を基本照度としてデザインしています。店内とのデザイントーンを合わせるため、レッドシダーも木の装飾を控えめに取り入れています。

メニュー撮影時のワンカット。シーンとメニュー構成を伝える写真としています。

メニュー撮影時のワンカット。シーンとメニュー構成を伝える写真としています。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

大人の賑わいが今回のテーマになっています。カジュアルな中に少し落ち着ける要素も残しています。今回の依頼はインテリア、写真撮影、メニュー、グラフィックと幅広くご依頼を頂きサポートさせていただきました。
それにより、店内だけでなく広告までイメージの統一が図ることができました。

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

この事例の
イメージキーワード