1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. BAR SPEC

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-80万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [BAR SPEC]

(バー スペック)

  • 東京都中央区
  • 東京駅
  • バー
  • 14.34 坪
  • リフォーム改装
BAR SPEC バーの内装・外観画像 BAR SPEC BAR SPEC BAR SPEC BAR SPEC BAR SPEC BAR SPEC BAR SPEC BAR SPEC

幻想的な陶器タイルの陰影に浮かぶシンプルなサイン。ちょっと冒険したくなる夜の訪れです。

出入り口には重厚な木製の開き戸。空間をしっかりと引き締めてくれます。

オーセンティックな内観の中に照らされる硝子の棚。ちょっとしたひらめきが新しいスタイルを生み出します。

出入り口には大きな姿見。じつは二階への扉だって事は内緒にしておいてください。

二階はとっておきのパーティールーム。大切な人たちとのヒミツの時間を満喫できます。

パウダールームにはどっしりとしたステンレス製の洗面器。

なんだかホッとしてしまうのは、店内の至る所に本物の木の暖かみがあるから。

レトロなモチーフが通りから覗けば、ちょっと一杯やりたくなるのがお酒飲みの性。

扉を開けば和と洋が交差する空間がそこにはあります。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

「和洋が共有する時間」

"国内外から人が集まる東京駅。
昭和の街並みに挿入されたお店。
和と洋が交わる外観。
トランプがモチーフになったロゴ。
時間を共有するバーで、
マジックが見れるかも?"

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

デザイン担当

大牟禮良秋

Yoshiaki Omure

デザイン

大牟禮良秋の写真

デザイン担当

荒木 秀武

Hidetake Araki

デザイン

荒木 秀武の写真

この事例の
イメージキーワード