1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. Vin Brule Verre

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-120万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [Vin Brule Verre]

(ヴァン ブリュレ ヴェール)

Vin Brule VerreのHPへ

埼玉県越谷市 / 越谷 / オーセンティックなBar / 19.45 坪
河野 嘉章 斎藤 俊一 大牟禮良秋
Vin Brule Verre オーセンティックなBarの内装・外観画像 Vin Brule Verre Vin Brule Verre Vin Brule Verre Vin Brule Verre Vin Brule Verre Vin Brule Verre Vin Brule Verre Vin Brule Verre

広々とスペースを設け、ゆったりと落ち着くことができるカウンター。

エントランス入ると門構えの先にミラー。連続したアプローチが続いています。

肘置きにクッションを付きのカウンターは心地よい落ち着きを与えます。

光に映し出される石が印象的。

奥の客席の壁面にはブルーのカーペットにすることで、柔らかい印象になっています。

交互にアッパーライトにすることで、光るボトルと影が落ちるボトルでコントラストを出しています。

しっとりとしたシンプルな手洗いゾーン。

優しい光で落ち着くお手洗い。

暗闇の中でパッと光る看板がお客様をお出迎えします。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

ブランデーの良さをみんなに知ってもらいたい!そんな想いから生まれたバー。
女性でも気軽に飲めるフルーツブランデー。りんご、洋梨、サクランボなど様々な香りが楽しめます。
都内には落ち着けるお洒落なバー多くあるが、越谷には殆どないので、地元住民にこだわりある空間でこだわりあるブランデーを飲んでいただきたい。
一人になれる時間を生み、1日の生活をリセット出来きます。
自分自身を見つめ直す場として、街に根付きます。

デザイン担当

河野 嘉章

Yoshiaki Kono

建築設計

河野 嘉章の写真

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

デザイン担当

大牟禮良秋

Yoshiaki Omure

デザイン

大牟禮良秋の写真

この事例の
イメージキーワード