1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 代一元本店

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-100万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [代一元本店]

(ダイイチゲンホンテン)

  • 東京都杉並区
  • 京王線明大前駅
  • 居酒屋, 中華料理
  • 24 坪
代一元本店 居酒屋, 中華料理の内装・外観画像 代一元本店 代一元本店 代一元本店 代一元本店 代一元本店 代一元本店 代一元本店 代一元本店

外からも見える個室。欄間を照明に、ペンダントをエジソンランプ。昔からある素材を今のデザインに落としこんでいます。

古くから住宅地にある街の中華。今までのイメージを壊さずに、安心してきていただけるイメージにしています。

入口にお客様を引き込める個室とメニュー。個室は今まで人気がない入口付近の席を、デザインすることで人が座り、外の人は入りやすくなります。メニューは従業員でも簡単に変更できる仕様にしています。

店内に入ると、雑誌や新聞の棚がゲートのように通路になっています。デザインと皆が使える機能を両立させました。

中華のカウンターは、どうしても壁の立上りや下がり壁で閉鎖的になります。カウンター立上りの下部をお箸などの小物をしまえるようにし、出来る限りカウンターを広く使えるようにしています。下がり壁は光と白い壁を先端につけることで軽くしています。

三角形状の平面を利用した手洗い。斜めから見ると、とても不思議な空間に。正面に経つと普通に使用できます。

本棚の中には、ペンダントライトが入っていて、その周りを照らします。

大人数対応の出来る個室。ここは従業員の休憩時に休める場所にもなります。

入口にはお客様への感謝の言葉。オーナー様の声が、さらにお客様を集めます。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

「古き良き日本のお店を良さを新しい世代に」

今までのお客様とこれからのお客様の為!
今までの感謝とこれからの喜びを!
今までの代一元とこれからの代一元を!

をコンセプトに 常連のお客様に受け入れてもらえる事はもちろん、
新しいお客様にも気軽に入ってもらいたいというご要望から、
「古き良き日本のお店を良さを新しい世代に」をテーマにデザインしています。

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

デザイン担当

尼田 好男

Yoshio Amata

デザイン

尼田 好男の写真

デザイン担当

茶畑 恵

Megumi Chabata

デザイン

茶畑 恵の写真

この事例の
イメージキーワード