1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. Lily-an

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-100万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [Lily-an]

(リリーアン)

  • 東京都世田谷区用賀4-19-15
  • 用賀
  • カジュアルイタリアン
  • 18 坪
  • スケルトン
Lily-an カジュアルイタリアンの内装・外観画像 Lily-an Lily-an Lily-an Lily-an Lily-an Lily-an Lily-an Lily-an

ファサードの時計、照明、オーニングやオリーブといった要素が、お店の世界観を演出します。

周辺のお店で見られないデザインの時計や照明は、その地域での個性豊かなお店づくりに繋がります。

エントランスを潜ると、街路のような空間が奥へと続きます。

外から見え隠れする手前の席は、素材感のあるレンガを使用し、まるで外部のような印象を与えます。

入口から壁を一枚隔てたベンチソファ席は、外から見えない、居心地の良い席です。隔てる壁はモルタル仕上げで、レンガと合わせて、外部のような印象を与えています。

厨房、カウンター上の棚は、街路に面したお店を連想するようなデザインとしています。

街路を抜けたところにある明るい広場のような奥のベンチソファ席。

奥のベンチソファ席は、庭の緑を眺めながら食事ができる開放的な空間です。

手洗いコーナーの洗面ボウルは、水はね等を考慮し、シンプルで深さのあるものを選定しています。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

『明暗を街路と光でつなぐイタリアン』
街路のようなカジュアルな空間』
パスタやピザをカジュアルに街中で食べるイメージで創られています。
店内は手前と奥のふたつのゾーンで構成されており、入口付近の手前の席は、素材感をそのまま利用したレンガやコンクリートを使った外部を感じられる空間となります。奥に行くと、特殊塗装のムラとラメが、窓から見られる緑を引き立てた明るい空間となっています。

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

デザイン担当

OH JAEWOOK

OH JAEWOOK

デザイン

OH JAEWOOKの写真

デザイン担当

下平 佳澄

Kasumi Shimohira

デザイン

下平 佳澄の写真

この事例の
イメージキーワード