1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 新宿産直横丁

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-80万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [新宿産直横丁]

(シンジュクサンチョクヨコチョウ)

  • 東京都新宿区
  • 新宿駅
  • 横丁
  • 190 坪
  • スケルトン
新宿産直横丁 横丁の内装・外観画像 新宿産直横丁 新宿産直横丁 新宿産直横丁 新宿産直横丁 新宿産直横丁 新宿産直横丁 新宿産直横丁 新宿産直横丁

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

日本を繋ぐ産地直送

地方と都心を食で繋ぎます。産地のものを直接食材に使うだけではなく、その場で焼くシズル感を演出します。

専門飲食店だからこそ伝わるこだわり

こだわりと想いを、料理とサービスと空間にのせて届けます。夜にはお酒、焼鳥、魚、肉バルなどの居酒屋で賑わい、昼にはカフェ、アイスクリーム屋、たこ焼き屋などで賑わいます。

焼鳥屋は、炭火焼を店頭で焼く事で、五感に刺激を与えます。店頭には、オススメの焼き鳥の品目がずらりと並び、メニューは焼きをイメージした木のメニュー。店内の活気のあるスタッフの注文の声が、より店主のこだわりが伝わります。

鮮魚を扱う和食屋は、活きの良い魚を水槽からすくい出し、目の前でさばいています。発泡スチロールに木の札で作った看板は、店主の職人らしい真面目さと、新鮮さが伝わります。

牛肉などを扱う肉バルは、豪快に焼くをメインに、創作的な少し品のある料理があります。素材に対するこだわりは、料理を始め店構えにも表現されています。

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

デザイン担当

上山 貴子

Takako Kamiyama

デザイン

上山 貴子の写真

デザイン担当

尼田 好男

Yoshio Amata

デザイン

尼田 好男の写真

この事例の
イメージキーワード