1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. PAPAYA LEAF MARUNOUCHI

株式会社サイドデザイン : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都中央区東日本橋2-16-11 エスビル2F [地図]
代表者 柴澤淳
担当者 柴澤淳
設立 2008年2月1日
業種・業態 デザイン・設計
坪単価 3万円-10万円
<デザイン設計費>
スタッフ数 2名

社内風景

その他の写真

過去事例

飲食店舗
 ・和食店
 ・和食居酒屋
 ・ダイニングバー
 ・ラーメン店
 ・焼き鳥屋
 ・焼肉屋
 ・カフェ
 ・カジュアルレストラン
 ・ピッツェリア
 ・トラットリア
 ・バー
 ・バル
 ・立ち飲み

その他
 ・ホテル
 ・ガレージ
 ・ヘアサロン
 ・住宅・マンションリフォーム
 
概要

店舗名 [PAPAYA LEAF MARUNOUCHI]

(パパイヤリーフ)

  • 東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング5F
  • 東京駅
  • アジアンダイニング
  • 43 坪
  • リフォーム改装
PAPAYA LEAF MARUNOUCHI アジアンダイニングの内装・外観画像 PAPAYA LEAF MARUNOUCHI PAPAYA LEAF MARUNOUCHI PAPAYA LEAF MARUNOUCHI PAPAYA LEAF MARUNOUCHI PAPAYA LEAF MARUNOUCHI PAPAYA LEAF MARUNOUCHI PAPAYA LEAF MARUNOUCHI PAPAYA LEAF MARUNOUCHI

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

2002年の丸の内ビルディング竣工から15年が経過し、PAPAYA LEAFも15周年を迎えました。これまではタイ・ベトナムを中心とした東南アジア料理を提供していましたが、新たなシェフを迎え、インドネシア料理も加えた形で、カリフォルニアンアジアンダイニングとして新たなスタートを切ることとなりました。当時大流行していた個室を多く設けたアジアンリゾートダイニングの設えでしたが、時代の流れとともに狭い個室の需要も少なくなり、オープンな空間に一新することを提案しました。ファサードも、外からは店内をうかがい知ることはできませんでしたが、入り口の位置を変更し、部屋内に隠れていた窓面も解放することで、明るい解放的なイメージに生まれ変わりました。店内は、タイの陶器の伝統柄であるパイナップル柄をオリジナルパターンのモザイクタイルで表現し、タイの北部やベトナムの緑豊かなイメージをグリーンの装飾で表現しました。客席中央に吊り下げたペンダント照明には、インドネシアで生産されているアルミ製のバスボウルを加工し、シェードとして使用しています。東南アジアらしい柄の浮彫りが照らされ、アーバンオリエンタルな空気感を創り出しています。

デザイン担当

柴澤淳

Jun Shibasawa

設計デザイン

柴澤淳の写真

デザイン担当

丸山航平

Kouhei Maruyama

この事例の
イメージキーワード