1. トップ
  2. 店舗デザインマガジン
  3. 徹底したトイレの空間づくりでお店にリピーターを生む。選ばれる飲食店になるポイント
店舗デザインマガジン

徹底したトイレの空間づくりでお店にリピーターを生む。選ばれる飲食店になるポイント

画像素材:PIXTA
コロナ禍になってから店舗により清潔感が求められるようになりました。特に「トイレ」は店舗のイメージを左右するだけでなく、ブランドイメージにもつながるため、重要な場所とされています。そこで今回はトイレの空間づくりのポイントを紹介します。

10人に1人が「トイレのきれいさ」を重視

TOTOが行った「飲食店トイレに対するお客様意識のアンケート調査」によると、お店を選ぶ基準として「トイレがきれい」であることを、10人に1人以上が気にしていることがわかりました。

トイレは用を足すだけでなく、身だしなみを整えたり、気分転換をしたり、スマホを見たりと、意外と滞在時間が長い場所。
そのため飲食店に関わらず、さまざまな業態においてトイレ空間の居心地の良さは大切です。

しかし店舗の個性をアピールできる空間でもあるため、ついつい余計なものまで足したくなってしまうのも、トイレ空間の特徴。
では、居心地の良いトイレ空間はどのようにつくれば良いのでしょうか。

トイレの内装のポイントは?

トイレは温水洗浄便座タイプがオススメです。
また、便器に手を触れない自動開閉タイプにすると好感を持たれるでしょう。

現在、感染症対策としてジェットタオル(ハンドドライヤー)の使用を禁止している店舗も多く見受けられますが、昨年4月経団連がジェットタオルにより「ウイルスが飛散する可能性は低いことが分かった」とし、ガイドラインを改定しています。

アルコールなどで適切な清掃をしていれば、使用しても問題ないとのことです。ジェットタオルは非接触操作のため衛生的で、1回当たりの電気代もそこまで掛からないため、導入を検討することをオススメします。

安心感のある空間にするためには照明選びも重要。 トイレに合う照明は、一般的に白熱灯とされています。トイレは電気をつけたり消したりする回数が多いため、長持ちする白熱灯が向いているそうです。

ただ、少し眩しく感じてしまう場合もあるので、白熱灯を使う場合は明るさを調整しましょう。白熱灯だと店舗の雰囲気に合わない場合は、暖色系の電球を選ぶことでリラックスした空間を演出できます。

壁は落ち着いた色がオススメですが、面積が狭い場合はベースに白やパステルカラーなど薄めの色を選ぶことで、圧迫感を防ぐことができます。 アクセントカラーとして一面だけ濃い色を選ぶことで、お洒落な雰囲気にすることも。アクセントに柄物を使いたい場合はできるだけ小さめの柄を選びましょう。

壁紙、床は素材選びもポイント。
掃除をしやすい素材であれば、清潔を保ちやすくなります。

壁紙は、キッチンパネル、ダイノックシート、メラミン、塗装。
床は直接こすることのできるタイルや塗装、拭き掃除がしやすいクッションフロアやフロアタイルがオススメです。
トイレが湿式か、乾式かによっても合う素材が違うため、不安な場合はプロに相談しましょう。

【参考】プロに相談するなら...
ご依頼内容を登録するだけで内装デザイン会社からの提案が受けられるマッチングサービスを利用してはいかがでしょうか。

画像素材:PIXTA

トイレ空間にあると便利なもの

あまり物を置きすぎるとマイナスイメージになってしまう場合も。
アルコールスプレーやアメニティ用品、芳香剤、予備のトイレットペーパー、サニタリーボックスなど、最低限のものを置くように心がけると良いかもしれません。

張り紙を考えている場合は、店舗のイメージに則った文章やイラストに。また、ファミリー層をターゲットにしている店舗の場合は、ベビーシートやオムツ入れも検討しましょう。

トイレを清潔を保つために

トイレ空間は日々の掃除が必須です。
清潔な空間を保つことで、店舗の信頼にもつながります。

マニュアルやチェク表を作るなどして、1日の間に定期的に掃除をしましょう。トイレ掃除をする時は専用の手袋を着用することも大切です。

掃除の際には換気扇だけでなく、空気孔のほこりも定期的に取り除きましょう。トイレは空気中の細かい誇りや繊維、トイレットペーパーの紙粉なども舞いやすい空間のため、空気孔も汚れてしまいがち。お客さまの目に付くこともあるため、隅々まで清潔を保つことが重要です。

徹底したトイレの空間づくりは、イメージアップやリピーターを生むことにも直結します。お客さまに「また来てみたい」と思ってもらえるような店舗にするためにも、トイレ空間を上手に活用しましょう。

店舗デザイン.COMでは500社以上の内装デザイン会社をご紹介しております。

内装のプロにお店を見てもらうことで、自分では考え付かなかったアイデアを提案してもらえます。
お店のトイレを改装したいけど、どこに頼めばよいか分からないという方は、ご依頼内容を登録するだけで内装デザイン会社からの提案が受けられるマッチングサービスがおすすめです。