1. トップ
  2. 店舗デザインマガジン
  3. 『スターバックス』、『ブルーボトルコーヒー』から学ぶ、カフェの内装をおしゃれに見せるポイント
店舗デザインマガジン

『スターバックス』、『ブルーボトルコーヒー』から学ぶ、カフェの内装をおしゃれに見せるポイント

Photo by kennejima「スターバックス六本木ヒルズ
カフェに求められているものとは何でしょうか? 「コーヒーが美味しい」「居心地が良い」のはもちろんのこと、近年はSNSの浸透により、「写真映え」といった付加価値も強く求められる傾向にあります。料理やドリンクのメニューと同じように、内装も集客に繋がる重要なポイントになっているのです。そこで今回は、内装を考える上で、参考になりそうな有名店をご紹介します。

1、コンセプトを内装に反映させる『ブルーボトルコーヒー』

Photo by star5112「Blue Bottle Coffee
「どんな内装にすべきか」を考えるときは、コンセプトと改めて向き合うことで、突破口が見えてくるかもしれません。例えば、コンセプトと店舗デザインが密接に繋がっているのが、カリフォルニア州オークランド発の『ブルーボトルコーヒージャパン』です。ブルーボトルコーヒーはフェアトレードを推進していて、「バリスタや消費者の意識を改革しながら共に成長していくスタンス」をとっています。

日本進出の一号店、「清澄白河ロースタリー&カフェ」の設計を担当した長坂常さんは、コンセプトにならって、「建物内どこにいても、誰であろうと、互いに動きを感じながら協調し、高め合う関係をつくる空間」を目指したそうです。広々とした空間は仕切りがなくフラットで、コーヒーを淹れたり、サンドイッチを調理したりする店員の動きが客席からよく見えます。資材置き場のようなバックヤードや、出勤前の店員の姿まで目にすることができます。消費者とバリスタの間に垣根がなく、外に向かって開かれたデザインで、カフェのコンセプトを感じさせる内装になっています。

2、一つとして同じ内装はない『スターバックスコーヒー』

Photo by kennejima「スターバックス六本木ヒルズ
カフェの内装でアクセントになってくれるのが照明です。照明作りのテクニックで参考にしたいのが、居心地の良いカフェとして定評のある『スターバックスコーヒー』です。日本に1000以上の店舗を持ちながらも、同じ内装はひとつもないと言われています。

一貫しているのは、落ち着いた照明と、長居したくなるようなインテリアです。なかでも取り入れやすいのは、暖色系のペンダント式ライトではないでしょうか。ペンダント式ライトは、天井からぶら下げるタイプの照明で、配置や長さ、シェードの形によって表情を変えることができます。

スターバックスでは、素朴な形のペンダントライトを並べて使い、かわいらしさを演出しています。シンプルなものから、花火や星、豆電球などをモチーフにした個性的なものまでたくさんあり、手軽におしゃれな雰囲気を出すことができます。壁の色にあった照明を選ぶことで、店内に豊かな色合いを生み出すことができるでしょう。

また、スターバックスは店舗によって折り上げ天井を採用しています。折り上げ天井は、他の部分より一段高く凹んでいます。そこに間接照明を設置することで、天井を高く見せる効果があるようです。意識していないとなかなか目にする機会がないと思うので、今度スターバックスを訪れたときにはぜひチェックしてみてください。

3、花で魅せる『ニコライバーグマンノム』

画像はイメージ。Photo by iStock.com/Petardj
小さな花の飾り方一つでも、「オーナーのセンス」を感じさせることができます。店内の装飾で参考にしたいのは、デンマーク出身のフラワーアーティスト・ニコライバーグマン氏が手掛ける青山のカフェ『ニコライバーグマンノム』です。フラワーショップが併設されており、店内の至るところに花が美しく飾られています。例えば、引き出し式のガラステーブルの内側には、季節の花や果物が敷き詰められ、その上に置かれる料理を引き立たせてくれます。そこで撮影する写真は大変フォトジェニックで、訪れる人から喜ばれています。

花がふんだんに使われているとは言え、甘すぎる印象ではなく、コンクリート打ちっ放しの内装や、北欧風のシンプルな家具の中に植物が絶妙なバランスで配置されているため、非常にスタイリッシュな印象です。ここまでダイナミックな演出でなくとも、アートや小物の配置によって、カフェの雰囲気は変化します。大がかりなリフォームが難しいときには、花や小物で店内を飾ってみてはいかがでしょうか。

今回は、有名店に学ぶ内装のポイントを紹介しました。筆者は、SNS映えするようなフォトジェニックな空間は、リラックスできる内装と結びついているように感じています。どんなテイストのカフェを目指すかはオーナー次第ではありますが、「居心地の良さ」を追求することで、長く愛されるカフェになると思います。内装を考える際には、ぜひ参考にしてみてください。



店舗デザイン.COMでは、様々なタイプの会社を作品事例とともに紹介しています。
色々な検索方法で自分にあったデザイン会社をデザイン設計会社設計施工会社のタイプ別に探すこともできます。

また、どのように探してよいか迷われている方には、マッチングサービスがお勧めです。