1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 細小魚

株式会社デザインワークス : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイント2F [地図]
代表者 生長弘丞
担当者 生長 弘丞
設立 2006年9月
業種・業態 デザイン・設計.施工
概要

店舗名 [細小魚]

(イサナ)

東京都港区西麻布 / 広尾 / 寿司屋 / 10 坪
生長 弘丞
細小魚 寿司屋の内装・外装画像 細小魚 細小魚 細小魚 細小魚 細小魚 細小魚 細小魚 細小魚

入口は建築のガラスフロントを使うビルの掟なので生かして。。。

金属の店名サイン

カウンターとテーブル2テーブル

天井がが高くスケルトンの天井を利用しました

テーブル席側は天井スケルトンなので開放感あります

カウンター材はアラスカ桧(スプルス)の無垢材です

植栽は建築側の植栽ですが、格子とガラスフロントを挟んで借景に

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

今回は西麻布のお寿司屋さんです

こうして見ると

今は普通のちょっとモダンな和のお寿司屋さんですが

打ち合わせ中には色々な変化がありました

元々、施主様は

『ダイニングバーの様な暗いムーディーなお寿司屋さん』を希望されていました

何故そう言うご希望だったのか?今のお店を見ているとわからなくなってきますが

オーナー様はイギリスのお寿司屋さんで働いていた事があり

そんな影響だった様な気がします

店名も

SUSHI BAR 細小魚

寿司バーですから
(日本語で書くとなんかイメージ全く違っちゃいますね)

まあそんな寄り道もありましたが

このような和モダンなお寿司屋さんに路線変更して行きました

ただこの物件は

ホテルの1階に位置しており

このホテルのリニューアルオープンと共に

お店もオープンした為

外部はホテルのリニューアル計画で凄くシンプルモダンな造りです

入口は全面ガラスですし

外壁も金属質な冷たい感じです

普通な和のお寿司屋さんの雰囲気は作りにくかったので

硬質な外部から見える対照的な

和の店内のイメージを寿司屋としてのサインとし

計画をしていき

室内に入口の様な格子と白の暖簾

その向こうにカウンター空間が見える様な造りにしました

外から見たイメージも

外部の感じと解け合った

和のイメージが出来上がったと思います

オープン後、西麻布と言う地域柄

外国人のお客様も多いのですが

オーナーは笑顔で英語で対応

ちょっと日本のお寿司屋さんのカウンターとは思えない

そんなシーンを何度か垣間見ました

なかなかカッコいいオーナーさんです

ご近所の皆様

細小魚(イサナと読みます)をよろしく!!








デザイン担当

生長 弘丞

Hirotsugu Ikunaga

デザイナー

生長 弘丞の写真

この作品の
イメージキーワード