1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. BEARS kitchen 1期

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-120万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [BEARS kitchen 1期]

(ベアーズキッチン イッキ)

千葉県浦安市 / 浦安駅 / 惣菜・カフェ / 20 坪
斎藤 俊一 下平 佳澄 荒木 秀武
BEARS kitchen 1期 惣菜・カフェの内装・外観画像 BEARS kitchen 1期 BEARS kitchen 1期 BEARS kitchen 1期 BEARS kitchen 1期 BEARS kitchen 1期 BEARS kitchen 1期 BEARS kitchen 1期 BEARS kitchen 1期

開放的かつプライベート感を両立させたイートインコーナーです。

絵本の中にあるお家をテーマに可愛らしさを表現しています。

入口の窓をモチーフにしたコルクと棚はお店のアピールポイントになっています。

右手に見えるレジカウンターの光で店内奥へと誘導します。

くの字に曲がっている事で店内を見渡せると同時に2名でのレジやオペレーションを可能にしています。

右手に見える立飲みハイカウンター。飲みながらコルクの壁に地域情報やお店のイベントなどの張り紙でまた来てもらえる気持ちにします。

店外からビールディスペンサーや棚受けが、お店の商品や空間のイメージを膨らませます。

歩く人にちょっとでも立ち止まってもらえるように光とポスターの力で目を惹くようしました。

野球映画のベアーズがモチーフ。ワイワイ賑わう雰囲気と鶏肉が食べれるというイメージ出来るようにデザインしました。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

家では味わえない第2の食卓

家族や友人と特別な時間を過ごしたい!
家では食べられない味を気軽に食べたい!
リラックスして食事をしたい!

自然と人が集まってくるお家のダイニングのような空間を目指します

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

デザイン担当

下平 佳澄

Kasumi Shimohira

デザイン

下平 佳澄の写真

デザイン担当

荒木 秀武

Hidetake Araki

デザイン

荒木 秀武の写真

この事例の
イメージキーワード