1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. esthetic & hair salon Vanilla
株式会社グリッドフレーム
東京都港区西麻布2-20-4-1F
×

esthetic & hair salon Vanilla

バニラ

(クリップ済) 一覧へ

店舗概要 esthetic & hair salon VanillaのHPへ

  • 熊本県八代市
  • 新八代
  • カフェ・エステサロン・美容室
  • 46 坪
  • 建築から設計

担当者

田中稔郎

この事例のコンセプト

更地に建築を建てる構想から始まり、
完成までに1年をかけた
エステサロン・美容室・カフェの複合施設です

コンセプト1:サロン=根 カフェ=芽


サロンに通う間に、女性の性格が変わっていく

美しくなるにつれて
外向的になり、はつらつとした生活に変わっていく

植物でいえば、サロンとは
見えないところで女性を支える「根」に当たるだろう

見えない地中でしっかりと根を張って、地上での成長を支える

いや、成長と呼ぶよりも前に、
はつらつとした生活を「生み出す」ところから
サロンの役割は始まっている

そして、カフェとは、地上に出てきて、
太陽を浴びてはつらつと育っていく「芽」に当たるだろう


このようなコンセプトから、
幅6mx長さ16mx高さ3mの空間の中に
高さ3m、長さ20mに及ぶ大きな弧を描いた曲面壁をつくり、
弧の内側(=地中)と外側(=地上)の二つの空間に分断した

そして、地中にエステサロン、地上にカフェ、美容室を配置した


コンセプト2:秩序の中の無秩序、その中の秩序


皮膚、髪、洋服、など人間の表面を覆うすべては、
秩序と無秩序が入子式に入れ替わる存在であり、
巨視的に見て、同時に微視的に見ることで美しさは成立している

本当の美しさとは、このように成立しているのではないか


コンセプト1から、
カフェや美容室側から見る大きな曲面壁は地表面を表している

地表面は、人間の皮膚・髪・洋服と同じように
秩序と無秩序が入子式に入れ替わるように存在している

そのような存在としての美しい壁をつくるために
秩序と無秩序が重なり合うような素材を集めて壁の中に収め、
最後に格子を重ねて壁を成立させた
(素材協力:太陽金網(ステンレスメッシュ)・ナカダイ(アルミ押出材))

これは、グリッドフレームの原点に発展的に回帰したものであり、
今後、さらにこのような美しさを追究する姿勢を強めていこうと考えている

この事例を手掛けた会社の概要

社名 株式会社グリッドフレーム
所在地 東京都港区西麻布2-20-4-1F
外部リンク
代表者 田中稔郎 担当者 久保亜津子
業種・業態 商業空間・オフィス空間などの設計、または設計施工一式
坪単価
45万円-90万円
飲食店には厨房機器類を含みません。また、美容室には、美容機器類を含みません。
建築設計 可能 スタッフ数 7名
資格・許認可 東京都知事 許可(般-28)第126375号
一級建築施工管理技士1名

この会社にお問い合わせ