1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd.

TotalDesignWorksROOT : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 大阪府大阪市西区京町堀1-18-16-日宝パークビル402 [地図]
代表者 清家 久仁
担当者 清家 久仁
設立 2001年9月1日
業種・業態 設計・デザイン
建築 建築設計可能

過去作品

2015
ISN'T DOJIMA
salon de KAN
北野坂 栄ゐ田 HANARE
心斎橋オフィス+店舗PJ
心斎橋ビジネスホテルPJ
山田西マンションリノベーション
Medicine prep school clover
AROMA curlancurlan
ISN'T KYOTO
2014
BAUM x ALMA
北新地 懐
MORIWAKI PJ
芦屋ゴルフスクールPJ
NTT.D.E.S designlabo annex
Brocante Cafe 0 alto
創作和菓子 菓楽
2013
wine&coffee bar Giardino
ユニバーサル建物管理
堂島オフィスPJ
BAR ROSEBANK
NTT.D.E.S designlabo
しあわせ薬局
芦屋ダンス教室PJ
北野坂 舷
奈良仏具屋改装PJ
2012
北新地 福多亭
porto bar KNOT
センチュリー21オフィスPJ
The Vintage
福屋工務店 支店新築PJ
VIVACCHUS            
2011
JOTアロマカレッジスクール改修
福島 もう利
NTT D.E.S新オフィス     
2010
JAL DFS改修PJ
芦屋M邸リノベーション
ワインバーD
宝塚ホテルレストランパティオ     
2009
ミルカレス
ちほこどもクリニック
グラフィックリノベーション
西宮市アトリエ+教室+住居PJ
群馬県ホテルリノベーション
姫路SWEET&CAFE
2008
宝塚大劇場リノベーション
NTT D.E.Sオフィス
ホテル阪急インターナショナル
リノベーション三木SAレストラン棟
宝塚ホテル
ベーカリー&カフェ三木SA店
2007
六甲山ホテル レトワ-ル
香港 某ブティックPJ
中国 某化粧品店舗PJ
2006
心斎橋アクロスビルリノベーション
2005
sushisho-NAKAGAWA
2004
INOUE-BUNSHODO

その他店舗・住宅多数
概要

店舗名 [UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd.]

(ユニバーサルビルディングマネージメント)

大阪府大阪市 / 大阪 / オフィス / 18 坪
清家 久仁
UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd. UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd. UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd. UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd. UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd. UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd. UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd. UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd. UNIVERSAL BUILDING MANAGEMENT co.,ltd.

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

大阪駅前にある有名な歴史あるビルの
10階にあるオフィスのデザイン。

クライアントは不動産業でこれから飛躍するために
本店を新たに構えるため、新しいオフィスを設けた。

その計画においてメインとなるのは
ゲストが入る接客スペース。

意識したのはゲストがこの場所に来た時、
クライアントの仕事内容とリンクするように
これからさらにステップアップできる場所として
いかに印象付けることができるかと思い考えた。

そこでゲストが商談される接客スペースは高揚感を誘うように
スキップフロアとし、共用通路の床レベルから高い位置に
テーブル席、ソファ席を設けた。
それらの床は「石」「緑」、
壁、天井は「木」、「左官」といった大地、人の温もりを
感じることができる「生」を感じる天然の素材や
手仕事による仕上げで囲まれ、
心地よくポジティブになることができるように演出した。

そこはゲストにとって「ステージ」のように、
石が敷き詰められた床の上に浮くように存在し、
それらの視線の先に遠く見える大阪の繁華街・北新地の景色は
普段みることのない、他にはないここだけのオフィスでの視点が存在し、
ゲストを次の「ステージ」へと誘うことができるように演出した。

デザイン担当

清家 久仁

SEIKE HISASHI

デザイナー

清家 久仁の写真

この作品の
イメージキーワード