1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. Dazzle Hair Design

株式会社デザインワークス : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイント2F [地図]
代表者 生長弘丞
担当者 生長 弘丞
設立 2006年9月
業種・業態 デザイン・設計.施工
概要

店舗名 [Dazzle Hair Design]

(ダズル ヘアーデザイン)

東京都足立区綾瀬 / 綾瀬 / 美容室 / 20 坪
生長 弘丞
Dazzle Hair Design Dazzle Hair Design Dazzle Hair Design Dazzle Hair Design Dazzle Hair Design Dazzle Hair Design Dazzle Hair Design Dazzle Hair Design Dazzle Hair Design

フロントはモダンな建築のガラスファサードを利用しています

床は今回、ヘリンボーンにしてみたんですけど。。何故か偶然、隣の店も色違いのヘリンボーンでした(笑)

セット椅子はオーナーが色違いで揃えられました。。この辺の色のセンスも良いですね

センターの什器が左右のセット面の仕切りなると同時に収納になりすっきりしたお店が造れました

ヘッドスパ。。宝(タカラ)の夢って奴です。。これでかいんですよね。。でもこういう風に見え隠れしていると、ちょっとやってみたくなる?いいアイデアだと思います。

一応、寝ているときはお客さん同士の目線は切れています

お店デザインとは全く関係ない、オーナーのハーレーがかっこ良い(笑)

すっきりしていて、でもアクセントがしっかり個々の什器や椅子、壁、床などに有り、間がいい感じで保てている。。そう言うの写真からでも感じれますでしょうか?

鏡もよく見ると左右のセット面で変えています

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

美容室って

本当に年に1回不思議と毎年そう言うの続いています

理由はわからないけど。。。

ただ。。。2014年は美容室のご依頼無かったな(泣)

途絶えました。。。

どなたか。。2015年デザインワークスに美容室のお仕事

ご依頼無いでしょうか???(爆)

まあ、写真も最近撮れてないですし

サイトへのアップもサボり気味で。。。

自業自得。。。。

いや。。。反省いたします。。

と言う訳で1年程前に造らせていただきました

美容室

ダズル ヘアーデザインさん

ココは珍しい物件でした

新築なのに

申し込みしているのに

建築工事で予定通りオフィス造っちゃいました???

アホですね。。引き渡しされた物件は

新しいオフィスになっていました。。

こういう無駄って世の中的に

悪だと思うんですけど。。

いかがでしょうか?

そして、工事前に

ぶっ壊しました。。。全て。。。。

こういうのって

絶対やっちゃ駄目な事だと思うんですけど

美容室やる為には、致し方ない。。。

使ったのはトイレだけ

悩ましいスタートだった物件でしたが

寒い時期で

工事中には2度雪に合い

工事が中断しました

こういう天災ってしょうがないんですけど

雪程度で

工事って延期になるのかとお思いでしょうが

陸送が止まると物が来ないので仕事にならなかったり

その日に終わっている工事が終わっていないと

次の工事に進めないポイントになる工事ってあるんです

正にそう言う工事に雪が当たっていました。。。

勿論、工事の予定って多少の余裕はプロとして見ているんですけど

2度あると結構ヤバいです。。。

ギリギリ引き渡しはした物の

オーナーには仕方ない事とは言え

ご迷惑掛けてしまいました。。。

でも、Dazzle HairDesign

結構、良いお店になったと思います。

えっ?自画自賛??って感じですが

いや、自身のデザインではあるんですが

ココのオーナーの趣味がいい

そう言う風に思う物件なんです。

オーナーのこういう感じにしたいと言うポイントが

結構、的を得た事を言うオーナーさんでした

ココ、重要なんです。。

僕らはお店をデザインはしますけど

オーナーの為に

オーナーの職種、業態に合った

地域にあった、客層に合った

お店のデザインを勿論提案しますが

オーナーの価値観、希望は

当たり前ですが最も優先されます

ですから

オーナーの希望や価値観が大きいにしろ小さいにしろズレがあり

そこがご本人にとって譲れないところだと

部分的に違和感のある物になってしまったり

全体的に、地域性や客層、業態とズレた雰囲気になってしまったりします

無論、プロとして方向修正や全体的なデザイン、地域性など加味して

粘り強くご提案はその都度して行きますが

最終的に判断、ジャッジしチョイスするのはオーナーです

そう言う意味で

ココのオーナーは

趣味の良いオーナーだったと

デザイナー目線で思った物件だったんです

細部の希望も全体的にバランスを取り易い希望が多かった

そう思い出されます

今日、写真を見ていて思い出しました(笑)

写真見てると

いろんな事、思い出すんです。。僕らは

痛い。。そう言う思い出の写真もあります。。。

お店を出店される皆さんデザイナーさんとは

良く良く話して

路を誤らないように。。。







デザイン担当

生長 弘丞

Hirotsugu Ikunaga

デザイナー

生長 弘丞の写真

この作品の
イメージキーワード