1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 四季の食 さいとう

株式会社デザインワークス : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイント2F [地図]
代表者 生長弘丞
担当者 生長 弘丞
設立 2006年9月
業種・業態 デザイン・設計.施工
概要

店舗名 [四季の食 さいとう]

(シキノショク サイトウ)

東京都中央区八丁堀 / 宝町 / 和食 / 14 坪
生長 弘丞
四季の食 さいとう 和食の内装・外装画像 四季の食 さいとう 四季の食 さいとう 四季の食 さいとう 四季の食 さいとう 四季の食 さいとう 四季の食 さいとう 四季の食 さいとう 四季の食 さいとう

白木の長い大きなカウンターがこのお店の中心です

1階ですがビルの奥まった場所にある為、中が見える様にガラス面を多く造りました。

カウンター天井は大きめの木格子の天井にしました

白木の食器収納です

店舗側面は木格子で住居動線からの視線をコントロールしています

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

八丁堀に今年の春に造りましたる和食店

『四季の食 さいとう』さんです

内見にうかがった時、物件は完全に奇麗なスケルトンでした

マンションの1階にある店舗だったのですが

1階で裏通りとは言えそれなりに駅近でしたので

いい物件でしたが。。

唯一気になったのが道路面から店舗の距離

かなり奥まっているんです。

距離は5Mくらいはありました

それと店舗前に大きな太い柱が2本あり

通りから店舗を見えにくくしていました

店舗のデザインの際に通りから中の様子が分からないと

ちょっと厳しいかなと。。そう思いましたので

お話し合いの上、ガラス面の多いフロントを造る事にしました

簾や格子や暖簾である程度は視線はコントロールしつつ

でも和食店としてはかなり開放的なフロントだと思います

店内はコストを削りながらも

カウンターは白木の無垢を使い

天井は木格子の天井

白木の食器収納

壁の窯変した様な大判のタイル

明るくシンプルでモダンな

カウンター割烹の雰囲気は巧く作れたと思います

宝町、八丁堀界隈の皆様

コスパの素晴らしいランチも

アラカルトのある夜の営業も素敵な和食店です

是非一度、暖簾をくぐってみて下さい










デザイン担当

生長 弘丞

Hirotsugu Ikunaga

デザイナー

生長 弘丞の写真

この作品の
イメージキーワード