1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 三うら

飲食店デザイン研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区西麻布3-3-1 長井ビル3F [地図]
代表者 斎藤俊一
担当者 斎藤俊一
設立 2008年
業種・業態 飲食店の企画・デザイン・プロデュース・建築設計
坪単価 50万円-120万円
スケルトンから(居抜きは単価下がります。)
スタッフ数 10人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
一般建設業
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

社内風景

本社は六本木ヒルズより徒歩2分の所に、カフェのように使える空間があります。

その他の写真

打合せや展示会の商談

過去事例

都市計画、空港、高層マンション共用部、戸建住宅、飲食店、サロン、オフィス、スタジオ、ホテル旅館、別荘、集合住宅、小屋の建築やインテリア。FC向け規格住宅マスターデザイン。コンテナハウス規格設計。
概要

店舗名 [三うら]

(ミウラ)

三うらのHPへ

東京都武蔵野市吉祥寺南町 / 吉祥寺 / 旬彩 和食 / 16.62 坪
斎藤 俊一 茶畑 恵 尼田 好男
三うら 旬彩 和食の内装・外観画像 三うら 三うら 三うら 三うら 三うら 三うら 三うら 三うら

広々としたカウンター。お料理を目で、音で、香りで楽しめます。

書や暖簾といった和の要素を取りいれたファサードが、お客様を暖かくお迎えします。

直線的で、広々と奥行きのある店内。

直線的な空間の中にアーチを用いることで、雰囲気を和らげます。

大谷石や無垢天板など、素材感のあるカウンター周り。

照明のグラデーションが印象的な掘りごたつ席。

色鮮やかなタイルや陶器のあるお手洗いは、大きな鏡を用いて、広さを感じるデザインです。

食事を支えるお皿やお箸が映える木天板。

お庭は、竹や照明など日本をイメージさせる雰囲気。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

「和と書が交わる旬菜料理」

吉祥寺駅から井の頭公園へ向かう途中にある隠れ家的日本食料理店。

地域柄若い人々が多いが、近くに住む人が食事を楽しめる憩いの場。

湖畔の辺りで一息つけるような空間デザイン。

井の頭公園を散歩した後に、気分同じく立ち寄れる空間に。

デザイン担当

斎藤 俊一

Shunichi Saito

プロデュース

斎藤 俊一の写真

デザイン担当

茶畑 恵

Megumi Chabata

デザイン

茶畑 恵の写真

デザイン担当

尼田 好男

Yoshio Amata

デザイン

尼田 好男の写真

この事例の
イメージキーワード