1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 焼鳥 志そ鳥

株式会社デザインワークス : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイント2F [地図]
代表者 生長弘丞
担当者 生長 弘丞
設立 2006年9月
業種・業態 デザイン・設計.施工
概要

店舗名 [焼鳥 志そ鳥]

(ヤキトリ シソチョウ)

東京都杉並区西荻北 / 西荻窪 / 焼鳥店 / 12 坪
生長 弘丞
焼鳥 志そ鳥 焼鳥 志そ鳥 焼鳥 志そ鳥 焼鳥 志そ鳥 焼鳥 志そ鳥 焼鳥 志そ鳥 焼鳥 志そ鳥 焼鳥 志そ鳥 焼鳥 志そ鳥

板金の一文字葺きと言う、まあ一般的には和風の屋根や庇に施す仕上げなんですが壁に使ってみました、、なかなか渋いでし(笑)

クールなモダン和のフロントができました

漆黒の空間に白いカウンターが浮き上がるように見えますでしょうか??

カウンターにテーブル席1席の空間です

この滑っとした黒漆喰の角の仕上がりが左官の良いとこですよね。。

始祖鳥暖簾にも入っています

大きな暖簾が通りから目を引くフロントが造れました

ホワイトアッシュをクリアで仕上げたカウンターです

始祖鳥レプリカがいい感じに主張していますよね

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

やっと2016年度の仕事のアップです

本年度デザインワークスは焼鳥店街道まっしぐら

その第一弾です!!!

『焼鳥 志そ鳥』

このお店はバーの居抜きでした

オーナーはこのお店を購入したので

できるだけ使える物は使う姿勢で仕事には望みましたが

言ってもバーですから

焼鳥屋さんとは設備的に大きく違います

解りきった事ですがダクト問題

合わせて排気に準じた空調機の能力

ついでにやっぱりバーですからグリストラップも付いてませんでした。。

また『居抜き』『内装を購入』『初出店』と来ますと

テーマは『ローコスト』って事に当たり前になりますよね。。。。

でも前述の様に設備はこってりお金かかります

購入した造作は店舗床と入り口ドア、一部壁天井、トイレ以外は

全て撤去処分、買った上に壊すのに費用がかかり、捨てるのにお金払う。。。。

いつもこの現実には心の中で『ひゅるる〜』って悲しい風吹く音が聞こえます。。

まあでも設備もやらニャ店にならんし

いらない物は捨てないと店にならない

そしてお店の見た目を造る予算は

なんでんかんでん、やらなきゃいけない設備工事と

解体撤去工事の予算それと最低限の基礎的造作工事の費用

これらを

総予算から差し引いた金額が見た目に使える金額と言うことになります

まあ、足し算引き算ですから簡単で当たり前の事ですけど

電卓を叩くと

幻が見えた様な気がして

目眩がしたり

現実逃避したくなったりする訳です

で、

思考停止して

心の声に静かに耳を傾けます

すると右脳悪魔のささやきが。。。

聞こえてきます

『思った様に造っちゃえば良いんじゃない。。。。』って

でも左脳が急に復活して

いや『無理無理!!電卓見るアルよ!!』って

言ってたり。。

デザイナーの心の葛藤ってきっと誰でもこんなもんでしょう(笑)

そして右脳の方が駄目なくせに立場が強いのがデザイナーってもんでしょうか?

とりあえず

こんな感じに造ってしまいました

このお店のオーナーの舞台にピッタリな

クールな焼き鳥屋になったと思っていますが

オーナーとお店のマッチング具合は

皆さんご確認しに行ってみて下さい(笑)









デザイン担当

生長 弘丞

Hirotsugu Ikunaga

デザイナー

生長 弘丞の写真

この作品の
イメージキーワード