1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 鮨 利崎

株式会社デザインワークス : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイント2F [地図]
代表者 生長弘丞
担当者 生長 弘丞
設立 2006年9月
業種・業態 デザイン・設計.施工
概要

店舗名 [鮨 利崎]

(スシ リザキ)

  • 東京都渋谷区神山町
  • 代々木公園
  • 鮨屋
  • 11 坪
  • スケルトン
鮨 利崎 鮨屋の内装・外観画像 鮨 利崎 鮨 利崎 鮨 利崎 鮨 利崎 鮨 利崎 鮨 利崎 鮨 利崎 鮨 利崎

黒い建物の中に木製のフロントを差し込んで伝統的な意匠ながらモダンな印象に仕上げました

囲炉裏、、いい表情かと思います

床と天井の黒が木造りのカウンター空間を程よく和モダンな印象ににしていると思います

赤が指し色として空間に個性を与えてくれています

椅子はお二人の希望で秋田木工の椅子に

埋込みの行灯サインを造りました

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

今回は2019年に渋谷の神山町

いわゆる奥渋ですね

こちらに造りました『鮨利崎』さんです

オーナーは以前(2012)に弊社で造った

『細小魚』と言うお寿司屋さんで一時期修行していました

まあ顔見知りだった訳です

でもその後いくつかのお寿司屋さんを渡り歩いて

独立する時に弊社に声を掛けてもらえると言うのは

なんか感慨深いものがあります。

やっぱり店舗のデザイナーとして

素直に嬉しいな。。。。って思います。

若い個性の違う二人の職人さんで利崎は営業していますけど

珍しいのは

二人が別のネタを出したりするとこですかね。。

同じ寿司屋で

コースで。。同じ価格で

握り手で出て来る寿司が違うって

なかなか無いと思うんですよ

若い感性って凄いなーってこう言うの思います

まあ、私が年取って頭が固くなっているせいもありますけど

ある意味、一つの常識を打ち破ったと。。。そう言う感じですね

お店としてはシンプルに

和の寿司屋としての設えを保ちながらも

モダンな雰囲気のお寿司屋さんに仕上げました

カウンター後ろの囲炉裏がちょっと面白いですね

黒漆喰で仕上げてあり

おくどさん

そんな感じに造ってみました

なんかカウンターの中心で

いい存在感を放っていますね。。

是非、気軽に行ってもらいたいのですが。。。

なんと

既に予約の取れない人気店になっており

若いお二人の感性光る寿司は

渋谷のフーディーの間でも話題の様です

早くコロナが終息して

利崎でお寿司が食べたいな〜と考えながらコメント書いております(笑)



デザイン担当

生長 弘丞

Hirotsugu Ikunaga

デザイナー

生長 弘丞の写真

この事例の
イメージキーワード