1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. OSTERIA DA QUI

株式会社デザインワークス : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイント2F [地図]
代表者 生長弘丞
担当者 生長 弘丞
設立 2006年9月
業種・業態 デザイン・設計.施工
概要

店舗名 [OSTERIA DA QUI]

(オステリア ダ クゥイ)

東京都港区西新橋 / 虎ノ門 / オステリア / 15.5 坪
生長 弘丞
OSTERIA DA QUI OSTERIA DA QUI OSTERIA DA QUI OSTERIA DA QUI OSTERIA DA QUI OSTERIA DA QUI OSTERIA DA QUI OSTERIA DA QUI OSTERIA DA QUI

ライブ感のあるカウンター席です
(私行くといつもココが定位置です)

エアコンが。。。。やっぱり気になる?

このテナント縱に長いテナントなんです

ステップしたカウンターから見たテーブル席側はこんな感じ

カウンターキッチンはやっぱり特等席だと思います

ステップしたカウンターをテーブル席側から見るとこんな感じ

LEDの照明って、写真に写ると変な色???じゃ無くて
本当に
変な色なんです。。人間の目が優秀なのでこう見えないだけなんです

本当はこんな色。。。こんな照明ばっかりになって欲しく無い。。。と思う今日この頃

こういう絵も雰囲気を柔らかくしてくれます

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

先日オープンした話題の虎門ヒルズ

のすぐ側、

そしてやはり最近開通した

マッカーサー通りの

1本裏

に造ったイタリアン(オステリア)です(笑)

まあ、この辺りは噂の虎門ヒルズが出来るまでは静かな地域でしたが

これから愛宕地域も変わると思います

虎ノ門ヒルズのインパクトが凄いですから

界隈の地域も変わっていき飲食店も増えていくと思います

で、、、、

このオステリア ダ クゥイは

愛宕地域に狙った訳ではないんですが

たまたま

物件が出てきて造ることになりました

このテナントはちょっと変わっていて

元々、なんと住居だった部分もあり

お風呂の名残とか在りました

いや。。。この仕事長年やっていますが

こんな地域のビルの一階が

住居って。。。。初めて見たわ(笑)

まあ、建築時に造っていますから

間取りを仕切っている壁全部

コンクリ!!!!!

間取りの変更とか

絶対に出来ない!!

こんなアホな設計在るんですね。。。。

まあ、ビル側の構造設計の判断で全て間仕切りは撤去可

と言う事でコンクリの間仕切りは無くなり

奇麗なスケルトンになりました。

予算的都合も有り

コンクリの躯体を目一杯使って造りました

御陰で天井は高く

気持ちのよい空間にはなりました

奥のカウンター席側は床がステップして上がっているのですが

これも元々の躯体がステップしており

それがそのまま現れているのですが

意外に

テーブル席からの見た目も

カウンター席側からの見た目も

面白い物になっています

ステップフロアが在ると

空間は結構面白くなるんです

まあ、ただ、これは昨今のバリアフリーって言う考えとは

逆行していますが

目線が変わるとちょっと良い空間が出来るのも事実なんです

デザイン的には色を使って店舗のイメージを作っているのも

コンクリの躯体の堅さがあるはずなのに

なかなかやさしい雰囲気を造ってくれています

照明の傘達も

ハンドルのRも

冷たいはずのコンクリ空間を

やさしくしてくれます

ちょっとした素材やパーツや色の使い方で空間って変わると言う

懐にやさしいデザインもなかなか

良いでしょ(笑)

でもココの店舗は

そう言う所以外は

かなりコストが掛かっています

その理由は

ビル監理や元々の設備やテナントのスケルトンの状態にあります

床のコンクリの状態がガタガタで

低い所と高い所の差がステップ以外で

10センチ上在ったり

壁をビル側で撤去していただいた部分が奇麗に

カッターが入っておらず

ガタガタ

勿論、コンクリ壁の撤去は凄くコストが掛かっていますし!!

ダクトは屋上まで。。。。

しかもダクトの素材指定が在ったり

ステップ部分も更にガタガタで

防水前の下地処理にお金がかかったり

噂の風呂の名残

浴槽の巨大な穴を埋めたり

ガス管はテナント内に無かったり

それはそれは

テナントオーナーとしては

痛い出費の多いテナントでした。。。。

勿論、最初に書いた場所の可能性に惚れて

ココを選んだので

織り込み済みのコストでは在ったのですが

なかなか見た目を造るコストが削られ

大変だった訳です

まあ、テナントは場所が大事なのは確かですが

奇麗なテナントと言うのも大事だなと思ったりする訳で

悩ましい。。。

まあ

虎ノ門ヒルズのパワーで

人な流れも変わり

きっとあっという間に

余計に掛かった費用も改修出来る事を

愛宕神社で祈願!!!

してないから

オーナーさんを誘ってしてこようかと思ったりしています(笑)








デザイン担当

生長 弘丞

Hirotsugu Ikunaga

デザイナー

生長 弘丞の写真

この作品の
イメージキーワード