1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 焼鳥 嘉とう

株式会社デザインワークス : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイント2F [地図]
代表者 生長弘丞
担当者 生長 弘丞
設立 2006年9月
業種・業態 デザイン・設計.施工
概要

店舗名 [焼鳥 嘉とう]

(ヤキトリ カトウ)

東京都港区三田 / 三田 / 焼鳥店 / 17 坪
生長 弘丞
焼鳥 嘉とう 焼鳥 嘉とう 焼鳥 嘉とう 焼鳥 嘉とう 焼鳥 嘉とう 焼鳥 嘉とう 焼鳥 嘉とう 焼鳥 嘉とう 焼鳥 嘉とう

怪しい共用階段の下になんとか設置させていただいた木製看板

道路反対側から見える店内。。セラーの太陽対策は勿論していますのでご安心を!!

シンプルな格子戸の入口です

このカウンターを入れる為に窓のデカイ硝子外しました

L型カウンター15席です黒い床と天井に木のカウンター空間が浮き上がって見えますでしょ?

ワインセラーはわざと和の空間とせず、外から見た際の和の雰囲気とのコントラストを意識して作っています

シンプルにまとまっている和のトイレ

カウンター立上がりの名栗板がさりげなく主張していますでしょ

歩道から見える店内天井。。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

2016年焼鳥店2店目

『焼鳥 嘉とう』さんです

オーナーはグラフィック(ウェブ系)デザイナーから飲食へ転身された方です

結構珍しいのではないでしょうか?

有名焼鳥店のバードコートで修行され今回のご出店となりました

店舗は2階(1階は中華料理)ですが道路面に対する大きな窓が有り

フロントと言うか外への店としてのアピールはこの窓があるので

何も無い2階の店舗よりは物件的には良かったと思います

ただ階段は3階以降の住居と共用なので専用階段ではなく

階段部分のアプローチはそのままなので

微妙な部分も残っています

窓の生かし方は

気づいてもらう為の大きい袖看板

店舗を道路反対側から見た方

見上げてみる方

それぞれどう見えるか考えてデザインしました

ポイントは

直近の窓面が見えるのは当然として、

どちらを通る方にも方にも間違いなく室内は天井が良く見えると言う事です

外から見上げてみた天井が興味を引くデザインになる様に

それと今回はウォークインのセラーを造る予定でしたので

外向きに配置してワインボトルが見える様にデザインしました

かなり歩行者が気になっていたから来ましたと言う来店も多いようですから

狙いは成功したのではないでしょうか?

室内の感じはオーナーのイメージされていた

上質な和食店や寿司屋の様な凛とした空間を造りました

天井が低い物件だったので

スケルトンで使うRCの部分の天井の高い部分と

厨房の設備を通して低くなった和の木天井のコントラストを生かしたデザインに

壁はシンプルに和の左官の壁

カウンターも白木のシンブルな無垢のカウンターですが

付け台とカウンターの間の立上がり部分に桧の名栗板を使い

シンプルで潔いデザインだけどちょっと個性の光るカウンターを造りました

オープンして半年

少しずつ少しずつ

怪しい共用階段を上がる人が増えて来ているようですが

雑居ビルの雰囲気の中の格子戸を開けたときに見える

カウンター空間のギャップ体験

更にもっとたくさんの方にしていただきたい

三田近隣にお勤めの方々

お住まいの方々

バード系のおいしい焼き鳥の店
(修業先バードコートはミシュラン星付です)

焼鳥 嘉とう

是非お試しください!!




デザイン担当

生長 弘丞

Hirotsugu Ikunaga

デザイナー

生長 弘丞の写真

この作品の
イメージキーワード