1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 他の方のコメントにもありますが、隈研吾氏・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜
  • 鈴木真由 (デザイン・グラフィック) 2017/10/2投稿

    流儀

    他の方のコメントにもありますが、隈研吾氏の木の活かし方は大胆で面白いと思います。
    木と一口に言いましても集成材、突板、無垢材など様々ですが、弊社では無垢材をよく使用します。一枚板など安価なものではありませんが、やはり味わいや深み、重厚感が違います。
    木材を最も美しく見せるには加工や塗装の技術の高さが非常に重要です。仕上げ如何ではせっかくの美しい素材が台無しになることもあります。
    最もいい状態で仕上げ、最もいい見せ方をしてあげることが、長い年月をかけて年輪を積み上げた木材への敬意でもあります。
    弊社の直営店「にのじ西中洲」では搬入の都合でやむなく2分割していますが全長約8m、奥行800㎜のブビンガの無垢板カウンターが店の顔として鎮座しています。お客様からも「無垢板カウンターが美しい店」とお声をいただいております。
    木が持つ美しさ、本来の良さを最も活かすにはやはり無垢板ではないかと思っています。

他の回答も見る