1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 内装・インテリアがいいなと思うホテル・旅・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

注目 サービス店舗・施設向けFAQ

last update:2022/7/4

内装・インテリアがいいなと思うホテル・旅館はありますか。具体的な施設名と選んだ理由を併せて教えてください。

  • 松本 健明 (営業・設計・監理) 2022/7/4投稿

    流儀

    南イタリアのソレントに立地している
    パルコ・デイ・プリンチピが歴代ホテルの中で1番好きなホテルです。

    設計はスーパーレジューラ等で知られる
    ジオ・ポンティが行っており、
    建築だけではなく家具やタイルまでジオ・ポンティが設計しております。

    断崖絶壁に建てられており、
    崖を下るとプライベートビーチとなっております。

    名建築と素晴らしい風景を同時に楽しむことができ、
    細部のこだわりに驚かされる素晴らしいホテルでした。

  • 岩本 勝也 (デザイナー) 2022/6/24投稿

    流儀

    旅好きと空間デザイナーという仕事柄、世界中のホテルに泊まり歩きました。
    改めて数えると20カ国、50都以上の都市やリゾートを訪れました。
    施設を1つに絞るコトは難しく、現在のホテル文化への潮流を生み出したホテルプロジェクトを2つ上げたいです。

    ①イアン・シュレーガー×フィリップ・スタルク
    ロイヤルトンニューヨークから始まり、ホテルを泊まる場所からそれぞれの都市文化へと昇華させました。

    ②ジェフリー・バワ
    ママンリゾートに代表されるリゾート型ホテルの原点と言っても過言ではありません。

  • 清水佑哉 (株式会社スーパースーパー) 2022/6/8投稿

    流儀

    大阪の北浜にある、BOLYというホテルがお勧めです。
    デザインは大阪にあるデザインスタジオ「infix design inc.」さんで細部までこだわりを持って作られたモダンな雰囲気の中に大阪らしい笑いのセンスが散りばめられたサインがあり、洒落が効いています。ホテルのアートディレクションはALL RIGHT GRAPHICSさんというのも空気感を生み出すよいマリアージュかと思います。
    オーナー私物のアート作品が館内のいたるところにあり、本物のアンディーウォーホルのアートなどが間近に見ることができます。
    1Fにあるカルフォルニアロールのお店も系列店なので是非お立ち寄り頂きたいですね。

  • 吉田 昌弘 (デザイン) 2022/1/26投稿

    流儀

    修善寺のあさば旅館はサービスとデザインと建物の規模全てがマッチしていて素敵な旅館でした

  • 前田翼 (設計/プロジェクトマネジメント) 2021/12/3投稿

    流儀

    ニューヨークにおりましたので、どうしても現地のホテルをあげたくなってしまうのですが、【グラマシーパークホテル】です。ホテルの扉を開けると、真っ赤で厚みのあるカーペットと古材がメインで使われながらも、モダンさをアートさが混じったなんともいえない、ニューヨークらしいホテルです。また、目の前にある【グラマシーパーク】には、宿泊者であれば入ることができる権利を得られ、満足感がでます!部屋も勿論素晴らしい!またぜひ泊まってみたいホテルです!

  • 匿名さん 2020/12/21投稿

    流儀

    全くの私見で申すならば、昨年10月にオープンしたパークハイアット京都さんは京都の街並みを見下ろす借景と相まみえ非常に美しい日本の新たな表現ではないでしょうか。
    その他であれば月並みですが修善寺温泉のあさばさんでしょうか。

  • 匿名さん 2018/3/30投稿

    流儀

    神宮前にあるtrunk hotelは、スタイリッシュでホテル全体がブランディングされており粋でした。

  • 秋葉 達雄 2017/11/17投稿

    流儀

    ニューヨーク、タイムズスクエアのど真ん中にある、デザインホテル
    「W New York - Times Square」というホテルが気に入っています。

    世界の中でも大都市ニューヨークで、また活気に溢れている街に相応しい、前衛的なデザインです。

    ゆっくりと落ち着きたいという方には不向きかもしれませんが、
    旅先での非日常な雰囲気を味わえるホテルです。

  • みぞぶち かずま 2015/4/23投稿

    流儀

    ホテルや旅館はそこを利用する人の目的で内装やインテリアも違ってくると思います。
    リゾートやレジャーで行く場合は、遊び心やその国の良さを感じたいものです。
    たとえば、ボラカイ島にあるシャングリラ・ホテルは海からボートで直接アプローチでき、そのままカートでエントランスへ通されます。エントランスも水の中にある橋のような感じで、その向こうには青い海と空、白い砂浜が見えます。こういうロケーションの見せ方、使い方は参考になります。
    また、ホテルオークラが多くの海外の人から愛され、保存を強く要請されているのも、そこに泊まると「日本」を感じるからだと思います。
    ビジネスホテルでもほんの少しの心がけで違った印象を受けます。
    たとえば、(名前は失念しましたが)金沢のあるビジネスホテルで朝食をとろうとした時に見た、壁にかかる(もう若くはない)オードリー・ヘップバーンの後ろを振り返る写真は今でも心に残っています。
    要は一つ一つに心を砕くということだと思います。

  • 匿名さん 2015/4/23投稿

    流儀

    イタリアのコモにあるヴィラ・デステです。デステ家の別荘を改装したリゾートホテルで、ロマネスク様式の内装・家具などが素敵で、庭園も素晴らしいです。ずっと、滞在していたくなります。

デザイナーの流儀

「問い」一覧へ »