1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 融資が下りないと物件が取得できない状況で・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

設計・デザインに関するFAQ

last update:2016-10-18 09:14:21.0

融資が下りないと物件が取得できない状況です。そんな場合でも、プランや見積もりを始めてもらうことはできるのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 古野晃紘 (デザイン・施工・監理) 2016-10-18 09:14:21.0投稿

    流儀

    もちろん大丈夫です!弊社ではお客様の希望に添いながら機能的な面も含めてデザイン設計します。
    図面、3Dパースが出来て最終的な現調をしてお見積もりを出します。それまでは無償で対応しております!

  • 内山 智映子 2015-10-06 11:45:34.0投稿

    流儀

    もちろん可能です。
    出店は、お客様の人生に係る一大事の場合もあると思います。
    2店舗、3店舗と将来を見据えたお付き合いをしていけたらと思っております。

  • 匿名さん 2015-07-28 18:36:19.0投稿

    流儀

    融資に必要なお見積りやプラン作成承っております。また提携しておる会計/税理士事務所のご紹介も行っておりますので、融資等のご相談もしっかり対応致します。

  • 高木 純 (アートディレクター・デザイナー) 2015-06-22 09:28:50.0投稿

    流儀

    『プランや見積もりがすぐ出来ます!』という業者さんを聞くと、ちょっと待ってくださいと思います。良いお店づくりには、プランの前に詰めるべき内容がたくさんあります。
    もちろん、融資用の見積もりは予算組をしてから提出したり、臨機応変に動くこともたくさんありますが、設計側の都合でとりあえずプランを作ることが、必ずしもお店づくりのベストだとは決して思いませんね。

  • 加納 恭子 (設計・デザイン) 2015-05-26 20:04:41.0投稿

    流儀

    見積がないと融資の審査をしてもらえないことがあります。図面がないと役所の建築許可の申請ができないケースもあります。今、その両方のケースをお手伝いしています。遠慮なくご相談下さい。

  • 冨澤 実 (デザイナー) 2014-11-07 17:51:09.0投稿

    流儀

    融資がおりない理由にもよりますが、もちろんプラン・見積は可能です。
    出店にかかる施工費の借り入れ融資の場合は金融機関は必ず施工見積を!と言ってきます。
    その場合、希望の物件でラフプランを作成する事で概算見積をとることが可能で、概算見積を金融機関に提出し、借入の交渉が可能になり、ご本人の審査と借り入れ金額の承諾許可が下りれば融資が可能になります。
    この場合は施工費の融資がおりる事になるだけで、その他の物件取得費や運転資金は自己資金として用意し、全体の資金計画も睨んで物件取得をすることをお薦めします。

  • 上水流孝嘉 (デザイン企画) 2014-10-08 15:31:43.0投稿

    流儀

    予算を決めて仮の概算見積もりを作ってもらって、ご融資が取れてからプランをしてもらった方がいいですね。ほとんどの人はそこで駄目になります。

  • 大石 憲一郎 2014-09-24 09:34:09.0投稿

    流儀

    はい、進める事が出来ます。
    何からすれば良いかわからない場合、融資打診前でもお話を伺いながら進めていきます。

  • 中野 般 (企画・営業) 2014-09-05 10:13:59.0投稿

    流儀

    ご融資に関しては、通常物件が決まっており、且つレイアウトや概算費用が大凡でも出来ていないと本格的に動いて頂くのは困難です。

    ついては、ご融資の申し込みをされる前にプランやある程度のデザインイメージを伺い、資金計画を立てる必要性があります。
    弊社では、可能な限りお客様のお話を伺い、自己資金とお借入計画のバランスを考え、創業融資を受けやすくして頂くよう、全面的にサポートさせて頂きます。

  • 村田 将志 (営業) 2014-09-04 21:56:03.0投稿

    流儀

    勿論です。ほとんどのお客様が融資の前に全体の出店予算、事業計画からご相談に来られます。

  • 赤枝 泰明 (設計デザイン) 2014-08-22 09:43:57.0投稿

    流儀

    融資を通す為にはある程度のプランと見積もりが必要になってくるので、
    融資用の資料として簡単なレイアウトと概算見積もり程度であれば対応させて頂きます。

  • 小西 真人 (デザイナー) 2014-08-21 14:10:48.0投稿

    流儀

    もちろんそういう条件の物件も存在致しますので、施主様のご意向に沿った形でプランやお見積りは進行させて頂いてます。

  • 吉田 昌弘 (デザイナー) 2014-08-21 12:51:19.0投稿

    流儀

    融資が下りる前段階でもプランや見積りを始めさせて頂く事は可能です。
    むしろ、融資にプランと概算見積りが必要です。
    弊社の場合は、融資の為の資料作成という内容で契約を交わさせて頂きます。

  • 原田荘子 (開業コンサルタント) 2014-08-11 12:10:53.0投稿

    流儀

    不動産賃貸契約に必要な資金が自己資金の中でまかなえると良いのですが保証金などが高いエリアの場合には自己資金が追いつかない情況が発生するケースがあります。
    お聞きとりの中で、経験的にいくらぐらいまでの公的融資が可能かは予想できますので、融資が確定していなくてもプラン・お見積りなどオープンに向けた準備は進めていけます。
    また公的融資が希望額どおりに決定しなかっ多場合の、対策についても2重3重に資金調達プランを準備して進めてまいります。

  • 牧野 剛己 (デザイナー) 2014-08-07 16:16:45.0投稿

    流儀

    業者によるでしょうが、例えば当社であれば、融資を受けるためのプランや見積もりをご依頼主と一緒に協議することも一般的です。場合によっては金融機関とも一緒に考えます。通らなければ報酬も入らないので、通すためにデザイナーも動く、というスタンスです。